ジュニパーがWAN用SDNコントローラーなど拡充「非効率なキャリアインフラを“HIGH IQ”に」

ジュニパーネットワークスが「HIGN IQ NETWORK」をコンセプトにした新たな通信事業者向けSDNソリューションを発表した。WAN用のSDNコントローラー「NorthStar Controller」など大きく3種類のソリューションを加える。

ジュニパーネットワークスは2014年3月20日、サービスプロバイダー向けSDNポートフォリオの拡充を発表した。

一口にサービスプロバイダーといっても、いくつかのタイプに分かれるが、今回ジュニパーが発表したソリューションは、主に通信事業者をターゲットとしている。同社でサービスプロバイダービジネス統括本部 営業開発本部 チーフアーキテクトを務める長滝信彦氏は、「自動化」「拡張性」「創造」の3つのキーワードに沿って、新たなSDNソリューションを紹介した。

ジュニパーの新SDNソリューション
ジュニパーの新SDNソリューション

まずは、ネットワーク設定作業の「自動化」を支援する「Junos Fusion」だ。これは、ジュニパーのネットワークOSであるJunosを搭載した1台のルーターから、他のルーターなどのコンフィギュレーションが一括して行えるようになるソフトウェア。ネットワーク管理用の標準プロトコルである「NETCONF」を取り入れており、サードパーティのマイクロ波装置や光ネットワーク機器などのデバイスも一括設定できるという。

Junos Fusionの概要
Junos Fusionの概要

2つめのキーワードである「拡張性」を実現するのは、WAN用のSDNコントローラー「NorthStar Controller」だ。

NorthStar ControllerとPTX 1TBラインカード
NorthStar ControllerとPTX 1TBラインカード

NorthStar Controllerは、いわゆる「トラフィックエンジニアリング」のためのコントローラーで、通信事業者が定義したパフォーマンスとコスト要件に基づき、最適な経路の特定とプログラミングが行える。同社が最近買収したWANDL社の技術を統合している。IPレイヤの情報だけではなく、光ネットワークの情報も含めて、「リアルタイムに最適なパスを計算し、ネットワークを制御できる」という。

また、同社のハイエンドルーター「PTX」シリーズ向けの1TBラインカードも発表。「スロット当たり1テラのモジュールにより、回線を収容するための箱を大幅に減らすことができる」。

急増するトラフィックに対して、経済的にネットワークインフラを拡張していくためのソリューションが、NorthStar Controllerと1TBラインカードとなる。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。