ソフトバンク、グローバルM2Mサービスをワンストップ提供

ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルは2013年10月10日、「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」の提供を開始した。同サービスは、M2Mに必要なセンサーネットワークの構築、通信回線や機器の調達、データの収集と利活用、そして保守管理やコールセンター業務までをワンストップでサポートするもの。

センサーネットワークとサーバーをつなぐ回線については、ソフトバンクモバイルとウィルコムの回線を中核に、パートナーとのアライアンスにより世界約200の国・地域でモバイル回線とIP-VPNを提供可能。グローバルでの回線管理機能も用意する。

また、M2Mセンサーネットワークから収集したビッグデータを加工・分析するためのクラウドサービスも併せて提供する。さらに、課金・請求・回収の代行サービスも行うという。

「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」サービス概要イメージ
「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」サービス概要イメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。