A10がエントリーレベル向けのADC「Thunder 3030S/1030S/930」

A10ネットワークスは2013年7月30日、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラ)の新製品「Thunder 3030S/1030S/930」を発表した。A10は先般、ハイエンド向けの新製品「Thunder 6430/6430S/5430S」を発表しているが、今回の3機種は中小規模の企業をターゲットにしたエントリーレベルのADCになるという。

Thunder 3030S/1030S/930は、サーバーロードバランス、SSLアクセラレーション、WAF、DDoS防御、IPv6移行などの機能に対応。ハードウェアについてはインテル社製Ivy Bridge Xeon CPUやソリッドステートドライブ(SSD)などを採用し、Thunder 3030Sは75万CPS・30Gbpsのアプリケーションスループット、1030Sは45万CPS・10Gbpsのアプリケーションスループット、930は20万CPS・5Gbpsのアプリケーションスループットを実現するという。

価格は、3030Sが579万9000円、1030Sが349万9000円、930が189万9000円(いずれも税別)。出荷開始は8月末の予定となっている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。