第3のモバイルOS「TIZEN」搭載タブレットをシステナが日本初開発

システナは6月24日、第3のモバイルOSの1つとして注目を集める「TIZEN」を搭載したタブレットを開発したと発表した。日本では初だという。

今回開発したタブレットは、TIZEN Ver.2.0に対応。ディスプレイは10.1インチ、CPUはARM Cortex-A9 1.4GHz Quad Coreを採用し、通信機能はIEEE802.11b/g/nをサポートする。

システナでは今後、車載インフォテインメント(In-Veficle Infotainment:IVI)を主なターゲットに、TIZEN Ver.2.1の実装や操作性の向上などを進めていくという。

TIZEN搭載タブレット

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。