ドコモ、国内外のM2M回線を一元管理できる「docomo M2Mプラットフォーム」

NTTドコモは2012年12月5日、「docomo M2Mプラットフォーム」の提供を12月6日から開始すると発表した。

同プラットフォームは、車両や建機、情報機器などに組み込んだ通信モジュールの回線の一元管理を可能にするもの。ドコモの回線のみならず、200以上の国・地域の回線の監視や簡易な通信トラブル診断が行える。これにより、国ごとの回線管理に関わるシステム開発費を削減できるという。日本国内だけでも利用できる。

米Jasper Wireless社のプラットフォームを利用しており、回線利用状況の確認や開通・停止、トラブル診断などがWeb画面上から可能だという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。