JSSEC、個人スマホの利用状況を5パターンに分類しBYODの心得を解説

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は2012年11月19日、『BYODの現状と特性』を公開した。

この資料では、個人所有スマートフォンの業務利用の現状を「舵取り型」「踏み出し型」「なし崩し型」「知らん振り型」「忍び型」の5つのパターンに分類。「舵取り型」と「踏み出し型」をBYODと定めたうえで、BYOD導入にあたっての留意点や管理者の心得を解説している。

BYODを検討・導入している企業だけでなく、導入意向がない企業にも役立つ内容になっているという。

JSSECによる個人所有スマートフォンの業務利用の現状の分類
JSSECによる個人所有スマートフォンの業務利用の現状の分類

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。