Android向けIPプッシュシステムをAXSEEDが開発

AXSEEDは2012年9月12日、Android端末向けのIPプッシュシステム「A-Push」を発表した。10月から販売を開始する。

A-Pushは、サーバーからAndroid端末へのリアルタイムな指示や、社員への緊急性の高い通知を実現するためのシステム。AXSEEDによれば、現在Android向けのIPプッシュ技術としては、グーグルの提供するC2DM(Cloud to Device Messaging)やGCM(Google Cloud Messaging)がよく利用されているが、完全閉域網環境やGoogle Play非対応端末で利用できないという課題があるという。

A-Pushでは、こうした課題をクリアしているほか、サーバーの性能に応じた細かなチューニングへの対応や充実したステータス通知機能とログ機能などが特徴とのこと。また、PDS(パブリックドメインソフトウェア)を一切利用していない100%自社開発のため、商用システムへの組み込みなどにも不安がないという。

想定ユーザーは、Android端末を対象とした業務システムなどを開発・販売する一般企業、ベンダー/SIer、クラウドサービス事業者など。価格はオンプレミス向けの場合で、サーバーおよび端末ソフト利用ライセンス料が初期40万円/100端末~となっている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。