ネクストジェンが企業向けスマホ無料通話サービス ~ビジネスホン連携で社内とも無料

ネクストジェンは2012年7月4日、スマートフォン対応の企業向けVoIPクラウドサービス「U3 Voice(ユーキューブボイス)」シリーズを発表した。「ベーシック」「オフィス」「クラウドPBX」の3タイプを用意している。

U3 Voiceは、簡単にいうとNTTコミュニケーションズの人気サービス「050 plus」の企業向け版だ。iOSおよびAndroidに対応したアプリケーションをインストールすることで、スマートフォンで050 IP電話の発着信が行えるようになる。050番号同士の通話であれば、通話料は基本的に無料。また、0AB~J番号や通常の携帯電話/PHS番号への通話も、050 IP電話ならではの低料金で行えるという。

さらに、個人所有端末からの業務電話をU3 Voiceからの発信とすることで、BYODにおける課題の1つである通話料の公私分計にも役立てられるのも特徴である。

以上がU3 Voiceの基本タイプとなる「ベーシック」の概要だが、「オフィス」と「クラウドPBX」の両タイプでは、加えて社内との通話も無料にできる。

「オフィス」は、既設のIP対応ビジネスホン主装置との間の通話を無料にできるタイプだ。ゲートウェイ装置は不要で、主装置だけでスマートフォンとの通話無料を実現できる。対応主装置は、同社の筆頭株主であるサクサ製ビジネスホンを中心に、25メーカー・120機種以上だという。

一方、「クラウドPBX」は、PBX/ビジネスホン主装置の機能をクラウド型で提供するサービス。パーク保留や転送など、100以上のPBX機能を使用できるという。

U3 Voiceの提供開始は8月下旬。サクサや通信事業者などがOEMおよびリセラーとして、中小企業をメインターゲットに販売していく予定だという。価格は各OEMおよびリセラーが設定するが、ネクストジェンでは発売後3年間で3億円の受注を目標にしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。