SPECIAL TOPIC高機能と使いやすさを低コストで コンパクトコアが広げるローカル5G

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)は、2023年9月にローカル5Gコアネットワーク製品を全面的に刷新した。各国で多くの実績があるAthonet社のソリューションを取り込み、よりコンパクトで高機能、低コストなローカル5Gパッケージに生まれ変わった。音声サービス(VoLTE/VoNR)やシンプルな管理画面でも多様な市場ニーズに応える。

2023年2月、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(以下、HPE)はイタリア・Athonet社を買収した。2005年にエリクソンからスピンオフし創業したAthonet社は、2010年に世界で初めて仮想化環境でのモバイルコアをリリースした。2018年にはローカル5Gへの対応を開始。4G/LTEと合わせたグローバルでの導入実績は400件以上に上る。大手通信事業者でも採用されており、プライベートネットワーク向けのコンパクトコアとして最も長い歴史がある。

これまでHPEはHPE製品とパートナー製品を組み合わせた「5G Core Stack」を、フルセットの5Gコアパッケージとして提供してきた。これをAthonetに全面的に移行することで、ローカル5Gソリューションをよりコンパクトなパッケージとして展開する。

「大規模コアと比べると、ローカル5Gに特化した必要最小限の機能に絞っているため、低価格で提供可能で、導入と運用も大規模システムに比べて非常に簡単です」と、HPE コミュニケーションテクノロジー事業本部 テクニカルプリセールス本部 ネットワークソリューション リードの阿久津大介氏は胸を張る。HPEはAthonetのエンジニア育成にも取り組み、日本でのローカル5G推進にいっそう力を入れていく。

ヒューレット・パッカードエンタープライズ コミュニケーションテクノロジー事業本部 テクニカルプリセールス本部 ネットワークソリューション リード 阿久津大介氏

ヒューレット・パッカードエンタープライズ コミュニケーションテクノロジー事業本部 テクニカルプリセールス本部
ネットワークソリューション リード 阿久津大介氏

続きのページは、会員の方のみ閲覧していただけます。

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。