警察庁、半年で約890件の標的型メール攻撃を確認

警察庁は2011年10月14日、サイバー攻撃の最近の情勢について発表を行った。今年4月から9月までの間に国内の民間企業などに対して、約890件の標的型メールが送付されていたことを把握しているという。うち約540件は震災や原発事故に関する情報提供を装った標的型メールだった。

また、標的型メール攻撃の一例を分析した結果、標的とする事業者の関係者のうち、セキュリティ対策の進んでいない組織のPCを乗っ取り、標的型メールを送信していたことが判明したとのこと。例えば、社団法人に所属するA氏になりすました標的型メールなどが確認されているという。

標的型メールの攻撃事例
標的型メールの攻撃事例

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。