次世代ARエンジンで巨大市場を拓く!――あるベンチャー企業の挑戦

次世代ARエンジンで、グローバル企業への飛躍を目指すベンチャー企業がある。東京・台東区に本社を構えるウェルシステムだ。マーカー不要の「イメージ認識」を実現したARエンジンが今年完成。さらに道順まで案内可能な「歩くナビ」を開発し、AR市場に挑む。

道順まで案内可能な「歩くナビ」

現在主流のARには、セカイカメラやLayarなど位置情報と電子コンパスを利用したタイプもある。スマートフォンのカメラをかざすと、現実の風景にナビゲーション情報などのARコンテンツを重ね合わせるものだ。

ウェルシステムでは、この位置情報型ARエンジンの開発も進めており、最近「歩くナビ」というアプリを試作した。歩くナビの特色について、韓氏は「この道を右折して次に左折といったように、目的地までの道順をちゃんと教えられること」と説明する。他のARナビアプリで可能なのは、目的地までの直線距離や方向を示すところまで。実際の道順までは教えてくれない。韓氏は「歩くナビは“本当の道”を教えてくれるアプリ」だと話す。

同社のイメージ認識と歩くナビを組み合わせれば、街中に貼られた映画のポスターにスマートフォンのカメラをかざすと予告編が自動再生され、さらに「近くの上映館を探す」と選択すると、その映画館までの道のりをARで案内するといったことも可能になる。

位置情報型ARアプリ「歩くナビ」 位置情報型ARアプリ「歩くナビ」。例えば、スターバックスのロゴにカメラをかざすと、近くのスターバックスを検索、道のりを表示するといったことも。写真のように立体物に印刷されたイメージもきちんと読み取れる

1万5000人のグローバル企業を目指すという梁社長のでっかい夢は叶うのか――。ウェルシステムでは、開発したARエンジンを他社にライセンス提供していくほか、自社でもARアプリやARコンテンツサービスを開発。さらに、これらの経験で得たノウハウを活かし、ARに関するコンサルティングサービスも展開していく考えだ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。