国内ユニファイドコミュニケーション市場はNECがシェア20%でトップに

IDC Japanは2011年4月13日、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)市場におけるベンダー競合に関する調査結果を発表した。

これによると、2010年下半期の国内UC市場はIPテレフォニーを中心に回復基調にあり、2010年全体では前年比2.6%増の1396億2800万円になったと推定しているという。

ベンダー別のシェアはNECが20.0%で引き続きトップ。次いで、OKIネットワークス(同15.8%)、日立製作所(12.8%)、富士通(10.7%)と続いている。ビデオソリューションへの注力や販売チャネル獲得に成功したベンダーが売上額を増加させているという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。