企業ネットワーク最前線

[特集]もっと光を! - IOWN・光ファイバー・光無線 -

光で6G支えるソフトバンク 光無線の実用化には“トラッキング”が必須

文◎原田果林(編集部) 2022.06.07

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

6Gには、他の電磁波と干渉せずに大容量通信を可能にする光無線通信が不可欠だ。しかし、光は直進性が高すぎるため、移動体との通信は困難。ソフトバンクはこの課題を解決する技術を開発している。

 
Beyond 5G/6G時代は「光無線」が重要な技術となる。これまでの無線通信は、電波を中心に進化してきた。5Gでは最大20Gbps(理論値)の通信が実現しようとしている。しかしこれが光を使えば、理論的には1Tbpsを超える大容量・低遅延の通信が可能になる。動画、VR、メタバースなどの大容量コンテンツが世界中で発展しつつあるなか、今後ますます大容量通信へのニーズが伸びていくことが予測され、光無線通信は欠かせない手段となる。

速さだけではない。光には電磁ノイズ耐性と不干渉性がある。光は電波よりも遥かに周波数が高いため、同じ空間を飛び交っていてもお互いに干渉することなく、輻輳や途切れが発生することがない。

また、電波より高セキュリティでもある。前出の電磁ノイズ耐性を持つことに加え、電波と違い周囲に拡散しないため傍受されにくい。量子暗号通信では光子の状態を見るために光ファイバーを利用しているが、今後、量子暗号通信を無線でもやろうとすれば光無線通信が必須となる。

さらに今逼迫している有限かつ希少な電波を使う必要がなく、電波法の規制がないため免許不要という使いやすさも光の優位性である。

 

図表1 電波・光と移動体通信システムの関係性
図表1 電波・光と移動体通信システムの関係性


光無線ならではのユースケース こうしたメリットを活かした光ならではのアプリケーションも考えられている。例えば航空機や航空管制のデータリンクだ。

「電波は周りに電波をまき散らしているので傍受しやすいが、光は直線で飛ぶ。送信側の光を真っすぐ受信しないと通信できないため、傍受されることはない。そこで、例えばエアバス社は昨年あたりから、衛星と旅客機間のデータリンクを光無線通信にするための開発を進めている」とソフトバンク IT-OTイノベーション本部 サービス基盤統括部 サービス基盤 企画部の今井弘道氏は説明する。

ソフトバンク テクノロジーユニット IT-OTイノベーション本部 サービス基盤統括部 サービス基盤企画部 今井弘道氏
ソフトバンク テクノロジーユニット IT-OTイノベーション本部
サービス基盤統括部 サービス基盤企画部 今井弘道氏



光無線通信を使うと、通信していること自体が検知されにくく、管制システムをハッキングされたりデータを傍受されるリスクを低減できる。軍事用ドローンの航空管制についても光が有用だとして研究が進められているという。

V2Xでの活躍も期待されている。高速で移動している車の制御には低遅延通信が必須だが、「5Gでも10msecほどの遅延がある。光無線通信ではさらに遅延時間が1~2桁低い。ここは今、各社がミリ波を使って同じような発想で研究を進めているが、さらに突き詰めていくと光を使うことになると考えている」(今井氏)

水中には電波が届かないが、光なら水中でも通信が可能だ。水中向けには音響を使った無線通信もあるものの、海洋生物への影響や、傍受性の高さの懸念があるほか、通信速度も現状では数kbps。そこで光によるネットワークを構築すべく様々な企業・組織が研究開発を進めている。

今は有線でしか接続できない水中ドローンも、無線を使えるようになれば地上や空のドローン同様に活動範囲が広がり、遠隔制御や自律制御ができるようになる。産業用途としては洋上風力発電設備や海底パイプライン、海底ケーブルなどインフラのメンテナンスや船底、養殖網の検査、海中でのIoTセンサーの利用など様々な検討がされている。

 

図表2 光ならではの先進的なアプリケーション
図表2 光ならではの先進的なアプリケーション


光通信が普及していない理由 しかし、なぜこれまで光通信は普及していなかったのか。

「光は直進性が高過ぎる。送信側から出る細いビームを受信するためには、うまく位置合わせをしないと通信できない。基本的には完全に固定設置し、測量レベルの位置合わせをしてやるという使い方が現状の使い方。今まで、なぜそんなメリットだらけの光無線通信が一部でしか使われていなかったというと、移動体で通信しようとすると、そんな精密な位置合わせは無理だからだ。これをドローンや水中ロボットで使おうと思うと、動く相手に対してうまくビームを合わせて、動いている側のロボット側からもうまく自分のビームを相手側に送り返してあげなければいけない」(今井氏)

 

図表3 通信機器のずれによる通信への影響のイメージ図
図表3 通信機器のずれによる通信への影響のイメージ図


この課題を解決し、光無線を社会実装していくためには、相手をトラッキングして追いかける技術が必要となる。しかも、精密かつ高速に、そして様々な状況で使える汎用的な技術でなければならない。そこでソフトバンクは「トラッキング光無線通信技術」の研究開発を2019年から続けている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。