企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

Face to Face、クラウドにも対応、安価かつ簡単に導入できるテレビ会議システム

提供◎QNAP株式会社 2022.04.26

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

リモートワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドな働き方を採用する企業が増えている。会議においても、ハイブリッドな環境は当たり前になりつつあるが、そんなハイブリッドな会議環境にフィットしたテレビ会議システムがQNAPの「KoiBox-100W」だ。


コロナ禍が落ち着きつつある今、オフィスワークとリモートワークのハイブリッドな働き方を採用している企業が増えてきた。そのようなハイブリッドな働き方では、会議も当然ハイブリッドになる。オフィスワークの社員は会議室に集まり、リモートワークの社員はオンラインで参加するという、リアルとオンラインを融合したハイブリッド会議だ。

 

QNAP 営業部 プロダクトマーケティングマネージャー 原幸人氏
QNAP 営業部 プロダクトマーケティングマネージャー 原幸人氏


クラウドミーティングサービスを活用したハイブリッド会議はストレス現在、ハイブリッド会議を開催するのに、よく使われているのが、ZoomやTeamsなどのクラウドミーティングサービスである。クラウドミーティングはオンライン会議やオンラインセミナーに最適化されたツールとなっており、会議の参加者1人ひとりが自分用の端末とマイク・スピーカー、カメラを用いて参加するのが一般的だ。だが、ハイブリッド会議において、会議室に集まった参加者が皆、自身の端末のマイクやスピーカーを使うとハウリングが発生し、うまく会議が進まない。そこで誰か1つの端末のカメラやマイク・スピーカーを使ってハイブリッド会議をするが、「オンラインでつないでいる参加者からすると、会議室にいる参加者は遠景でしか映らないため、誰が話しているのかよくわからず、ストレスを感じるという声をよく耳にします」とQNAP 営業部 プロダクトマーケティングマネージャーの原幸人氏は語る。

そんなハイブリッド会議を、ストレスを感じることなく開催できるツールが登場した。QNAPの「KoiBox-100W(以下、KoiBox)」だ。

 

KoiBoxの筐体写真
KoiBoxの筐体写真
KoiBoxの筐体写真



QNAPは台湾に本社を構えるネットワークアプライアンスベンダー。余談だがKoiBoxの「Koi」は日本語の「恋」から来ているとのこと。「台湾のメンバーが日本語の恋の響きが好きだということで、この名称がつけられたそうです」と原氏は笑みを浮かべながら説明する。

簡単に導入できる安価・高品質なテレビ会議システム「KoiBox」の特徴KoiBoxを一言で表すと、「簡単に導入できるテレビ会議システム」。最大の特徴は「3つのミーティングシーンを想定した使い方ができること」と原氏は説明する。

3つのミーティングシーンとは
1.Face to Faceのローカルミーティング
2.ピアツーピアのプライベートミーティング
3.多くの参加者によるクラウドミーティングである。

1のローカルミーティングとは、同じ会議室にいる人たちが顔合わせて行う、いわゆるリアルな会議。狭い会議室で複数人が着席した状態で、HDMIポートをいそいそと発表者のパソコンに抜き差し。会議のテンポが悪くなり、なんとなく流れる気まずい雰囲気……こんな経験、誰しも覚えがあるのでは?KoiBoxはこんな時、誰でも使えるワイヤレスプロジェクターとして機能する。「Koiboxに表示されるIPアドレスを、発表者のウェブブラウザ上で入力するだけで、KoiBoxが資料をモニターに映し出します。ミーティングに集中することができるようになるでしょう」(原氏)

また、クラウドミーティングでは議事録代わりにミーティングの様子を録画することも簡単にできるが、会議室で会議を行う場合は簡単にはいかない。KoiBoxではハードディスクを搭載することで会議の様子を録画することも可能である。

2のプライベートミーティングとは、いわゆるテレビ会議システムを使った会議のこと。KoiBoxの特徴として、KoiCodeといったKoiBoxの個体識別番号で簡単にテレビ会議を開始することができる点が挙げられる。また、KoiCodeでの発信だけでなく、SIPやH.323のプロトコルにも対応しているので、これらのプロトコルを採用しているAVAYAやPoly(ポリコム)など、他のテレビ会議システムとも接続して会議できる。会議の内容はパブリッククラウドを経由しないため、セキュリティ的にも安心。もちろん、会議の様子も録画できる。

3のクラウドミーティングとは、ZoomやTeamsなどWebUIベースのクラウドミーティングサービスによる会議である。このようなクラウド会議サービスにも、KoiBoxとキーボードとマウスを用意するだけで、容易に参加できるのだ。
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

networktest
ntt002
ntt001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション[徹底解明]5G SAとWi-Fi 6E
               企業ネットは新時代へ

<Part1> 
5GはSAでどう変わるのか? <Part2> 国内キャリアの5G SA戦略
<Part3>
5G SA企業活用は映像から <Part4> 端末視点で見るSAの進化
<Part5>
Wi-Fi 6Eの性能や注意点 <Part6>6E時代の無線LAN選び
<Part7> 残る700MHz幅の行方 ほか

インタビューエリクソン・ジャパン 代表取締役社長 野崎哲氏「オープンRANの課題解決に寄与」【新連載】10年後のネットワークを創る研究者たち 【ビジネス最前線】JTOWERのローカル5G戦略 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。