企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

自社網の「外」まで見える化 E2E監視で“頼られる通信事業者”に

提供◎日商エレクトロニクス株式会社 2022.01.24

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

「うちの回線には問題がないのに」──。モバイルやクラウドの普及により企業ネットワークが複雑化した今、回線サービスの顧客満足度を維持するには、自社網の安定化だけでは不十分な時代となった。“外の網”も含めたエンドツーエンド(E2E)の見える化こそが、トラブルの芽を早期に摘み取り、顧客離れを防ぐ切り札になる。


ネットワークがつながらない、遅いといったトラブルの原因究明と復旧は、年々難しくなっている。背景にあるのはモバイルやクラウドの普及だ。

かつての企業ネットワークは、本社等のオンプレミス設備につなぐ拠点間通信網とインターネット接続回線だけのシンプルな構成だった。だが、モバイル端末とクラウドサービスで業務を行うのが当たり前の現在は、多様なネットワークを組み合わせて使うようになっている。そのため、トラブルの原因がISPにあるのかキャリア網にあるのか、それともクラウド側なのか、状況を即座に把握するのが難しい。

これに追い打ちをかけたのがコロナ禍だ。リモートワークが常態化し、社員は自宅のインターネット回線も使うようになった。通信経路がさらに多様化・複雑化した結果、企業のサポートデスクも通信事業者も問い合わせやクレームの対処に追われる機会が増えた。

だが、通信事業者が対処できる範囲は、自社ネットワークに限られる。トラブルの原因特定さえままならず、自分のところに問題がなくてもクレームばかりが溜まり、顧客満足度が下がっていく。

回線品質の見える化で“頼られる通信事業者”に放っておけば“顧客離れ”を招くこの問題の解決に乗り出す事業者も出てきた。通信事業者等のサービスプロバイダー(SP)向けシステムを長年手掛けてきた日商エレクトロニクス プラットフォーム本部の上野駿介氏は、「これを解消する手立てはないかという相談が最近増えてきている」と話す。

 

日商エレクトロニクス プラットフォーム本部 第一プラットフォーム部 ビジネス推進課 主任の上野駿介氏(右)と、第一プラットフォーム部 セールスプロモーション二課 主任の日向崇文氏

日商エレクトロニクス プラットフォーム本部 第一プラットフォーム部 ビジネス推進課 主任の上野駿介氏(右)と、第一プラットフォーム部 セールスプロモーション二課 主任の日向崇文氏

 

同社が提示する解決策は、「自社網だけでなく、顧客が使っているネットワーク全体の見える化」だ。エンドツーエンド(E2E)でネットワークの品質を可視化できれば、障害原因を迅速に特定し、「他事業者の問題だった場合には、自社の責任ではないことと対処法を明確なデータで示せる」(同氏)。“うちじゃない”と差し戻すだけの事業者と比べて、顧客からの信頼は確実に増す。

そんな“頼られる通信事業者”へ導くソリューションとして同社が提案するのが「Juniper Paragon Active Assurance(PAA)」だ。一般的なネットワーク監視とは異なる魅力が3つある。

1つは、“見たいところ”へ簡単に観測点を作れることだ。製品はソフトウェアで構成されているため、テストエージェントを仮想マシンやコンテナとして自由に配置することができる。その他にもARMチップに対応しており、IoTデバイスなどへのインストールも可能だ。

図表1は動作イメージを示したものだ。顧客の拠点やクラウドの出入口、キャリア網のエッジ等に仮想マシンとしてテストエージェントを配置し、その間の通信経路、遅延等をモニタリングできる。回線の正常性試験等のテストシナリオを作っておけば、トラブル発生時に原因箇所を即座に特定することが可能だ。下の画面イメージ1のように、ステップごとに「Path Trace」「TCP/UDP Check」「QoS policy profiling」とプロトコルを選び、連続的なテストシナリオを実行する。

 

図表1 Juniper Paragon Active Assuranceの動作イメージ

図表1 Juniper Paragon Active Assuranceの動作イメージ

 

 

【画面イメージ1:テストシナリオの作成】

【画面イメージ1:テストシナリオの作成】ステップごとにプロトコルを選択して、同時に実行するテストを設定する(画面は回線の正常性テストを想定)(画像クリックで拡大)

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。