導入事例

Special Topic

低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110でインフラ構築

提供◎株式会社マクニカ 2021.06.22

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ミクシィが2020年6月にスタートした共遊型スポーツベッティングサービス「TIPSTAR」では、低遅延のIP映像伝送技術を駆使している。サービス開始後も次々と最新技術を導入。現在、IP映像伝送の最新規格「SMPTE ST 2110」ベースのインフラ展開を完了し、さらなる革新を進めている。


365日配信される競輪・オートレースのライブ動画とネット投票を友達と一緒に楽しむことができる共遊型スポーツベッティングサービス「TIPSTAR(ティップスター)」。ミクシィが2020年6月からスタートしたこのサービスは、最新のIP映像伝送技術に支えられている。

ミクシィ「TIPSTAR」のアプリ画面
ミクシィ「TIPSTAR」のアプリ画面


TIPSTARで配信するライブ映像は、全国43カ所以上の競輪・オートレース場からデータセンターへ送られてくる。それを加工し、映像素材としてスタジオへ伝送。さらに、クラウドを経由してユーザーへ番組を配信する。

この基盤ネットワークにおいて鍵になるのが、全国各地で同時開催されるレース映像を大量に処理するキャパシティと低遅延性だ。編集をリモートにあるスタジオや在宅、もしくはAIが行う特性上、リアルタイム性を確保するため特に低遅延性は重要な要件となる。高品質な映像を安定的に届けることはもちろん、これらの要件をいかにコストを抑えて実現するかが重要なポイントだ。

ミクシィが本格的に映像配信サービスを手掛けるのは、このTIPSTARが初めてのことだった。開発本部 インフラ室の吉野純平室長によれば、まさに挑戦の連続。「映像伝送技術に関するノウハウもそれまでなかった。ベースとなるインフラ作りも、アプリケーション作りも、ミクシィにとってかなりチャレンジングな取り組みだった」


ミクシィ 開発本部 インフラ室 室長の吉野純平氏
ミクシィ 開発本部 インフラ室 室長の吉野純平氏

慣れ親しんだ“ソフトウェアの流儀”を映像に適用
TIPSTARのサービス基盤上で映像データがどのように伝送されていくのかを示したのが図表1だ。番組の素材となるレース映像は、競輪場からデータセンターへ光回線あるいはLTE回線で伝送している。高価な専用線は用いず、圧縮したデータをベストエフォート回線で送信することでコストを低減。当初は、回線引き込み工事が不要なLTE回線を使って迅速にサービスを立ち上げ、徐々に光回線へ置き換えていった。

図表1  TIPSTAR 映像伝送のイメージ
図表1  TIPSTAR 映像伝送のイメージ


データセンターで受信した素材映像は、映像加工サーバーで無人加工したうえで、スタジオへ伝送して番組撮影で使う。この間の仕組みが最も特徴的な部分であり、サービスのリリース後もシステムを進化させてきている。

こだわったのが、映像加工・編集のソフトウェア化と、IPによる非圧縮・低遅延伝送だ。映像編集やデータ伝送に専用機材を用いるのではなく、一般的なサーバーとネットワーク機器、ソフトウェアでシステムを構成。伝送規格についても、放送・業務用映像の世界では同軸ケーブルで非圧縮のデジタルビデオ信号を伝送するSDI(Serial Digital Interface)が主流だが、これを廃した。

「私たちが慣れているサーバーやネットワーク機器ですべてを処理したかった」からで、吉野氏はその理由を次のように語る。

「ソフトウェアで映像編集をやるなかで様々なことにトライしていきたいのだが、映像用の機械ではどうしてもやりづらい。なぜなら、SDIのケーブルは正常性確認がIPより難しく、問題発生時の挿し替えもリモートからできない。映像を切り替えるために高価な機材を入れないといけないなど、私たちの習慣にはないものが出てくるためだ。ソフトウェア業界の流儀を映像に適用することによって、私たちがやりたい映像加工ができたり、効率化ができる」

加えて、“脱・SDI”は映像伝送システムのシンプル化と低コスト化にもつながる。IPによるライブ映像伝送を成し遂げるためにミクシィが選んだのが、放送システムのIP伝送規格「SMPTE ST 2110」だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

prismasase2202
uniadex2202
kyocera2202

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。