企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ。先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

提供◎株式会社マクニカ 2021.04.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワークの世界にも着実に浸透するオープン化の波。マクニカが4月21日に開催したWebセミナー「5G時代の通信インフラにイノベーションを」には、この潮流をいち早く取り込んだ4社の担当者が顔を揃えた。オープン化に踏み出した理由と成果、そして“これから始める人達へのアドバイス”をまとめた。


主にデータセンターネットワークで進行している“オープン化”は、次の2つの動きで捉えられる。

1つは、ネットワーク機器を構成する「ハードウェアとソフトウェアの分離」だ。台湾のODMベンダー等が製造・販売するホワイトボックススイッチ上で、ユーザーは好きなネットワークOSを使うことができるようになる。ハードウェアとOSの個別調達により、コストの最適化・低廉化、柔軟性の向上などが期待できる。

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)先行開発室 室長の金田克己氏はこのオープン化の背景について次のように語る。

「サーバーも以前はハードウェアとOSのベンダーが一緒だった。スイッチにおいても同様に、ハードとOSを別々に買っても動かせるようにしようとする動きが出てきた。これによって、新たなベンダーが参入しやすくなって市場が活性化していく。ホワイトボックススイッチの登場によって様々なネットワークOSが開発されるようになった」


インターネットイニシアティブ(IIJ)先行開発室 室長の金田克己氏(左)と、
ブロードバンドタワー 執行役員 Cloud&SDN研究所 所長の西野大氏


そして、もう1つが「ネットワーク機器本体と光トランシーバーの分離」だ。

スイッチ/ルーターに挿す光トランシーバー・モジュールは通常、機器メーカーが販売する純正品を用いるが、この縛りをなくし、サードパーティ製の「非純正」モジュールを採用する動きが出てきた。なお、光トランシーバー・モジュールを“Optics”と、この手法そのものを“Third Party Optics”と呼ぶ場合がある。



製造元から直接供給される非純正トランシーバーは、
純正品と比べて性能・品質面で大きな差はないという


前述のハード/ソフト分離よりもコスト効果が目覚ましいこともあり、近年は国内でも大手クラウドDCを中心にこのThird Party Opticsが普及してきている。今回、マクニカ主催のWebセミナー「5G時代の通信インフラにイノベーションを」では、先行導入した4社がその理由や成果などについて講演した(講演者とタイトルは下記の通り)。本稿ではそのポイントを整理し、Third Party Opticsがもたらすメリットと、導入における留意点を解説する。

<講演者と講演タイトル>
●インターネットイニシアティブ(IIJ)先行開発室 室長 金田克己氏
 「データセンターネットワークのオープン化」

●ブロードバンドタワー 執行役員Cloud&SDN研究所 所長 西野大氏
 「ネットワーク装置のディスアグリゲーションとオープン化の潮流」

●KADOKAWA Connected KCS部 Network&Facility課 課長 東松裕道氏
 「コンテンツ配信ネットワークOptics完全オープン化 ~4年間で経験した運用のコツと新しいチャレンジ~」

●ヤフー サイトオペレーション本部 インフラ技術1部 ネットワーク開発 高橋翔氏
 「ヤフーが IP Clos Network に 3rd partyトランシーバを導入・運用して学んだこと」

なお、同セミナーにおいては、総務省とNTTドコモも登壇して5G、および次世代のBeyond 5Gをテーマに講演した。その内容については、下記の記事が詳細にレポートしている。

5Gの時代と、その先にある“Beyond 5G”を見据えたネットワーク戦略の最先端

「DCネットワークコストの9割」にメス
非純正品と聞くと、誰もが“安さ”を連想するだろう。その通り、Third Party Opticsの最大のメリットは光トランシーバーコストの低廉化だ。特に、25/40/100Gbpsなどの大容量トランシーバーを大量に使用する場合には目覚ましい効果が期待できる。

ブロードバンドタワーの西野大氏によれば、DCネットワークを100Gbps化する際には「光トランシーバーの価格が悩みの種になる」。純正品を用いた場合、ネットワーク全体のコストのうち光トランシーバーのコストが支配的となり、「全体の9割を占める場合もある」からだ。これを非純正品に替えることで、圧倒的なコストカットが可能になる。

実は、従来型のネットワーク機器をホワイトボックススイッチに変更しただけでは、コスト効果はそれほど見込めない。「10Gまでなら、従来メーカーのスイッチとホワイトボックスで明らかな差はない」とIIJの金田氏は語る。どころか、ハードウェアとネットワークOSの変更によって「教育コストがかかる」ため、かえって不利になるケースもある。



Third Party Opticsが使えることが、ホワイトボックススイッチの大きな利点だ


だが、DCネットワークを広帯域化するとなると状況は変わる。「25Gが主流になって状況が一変した。トランシーバーのコストが、メーカー純正品だと馬鹿にならない。サードパーティ製トランシーバーが使えるホワイトボックスのほうが明確に有利になった」(金田氏)のだ。トランシーバー込みで比較した場合、調達価格には2~3倍の開きが出ることもあるという。

次に、ヤフーとKADOKAWA Connectedが手にした具体的な成果をみてみよう。

 

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

al2105
asahikasei
sb2105

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】シン・ネットワーク
    コンバージェンス

<Part1>5G FMCは2023年始動へ <Part2>IP・光融合に好機到来 <Part3>ホームNWと企業は融合する <Part4>DXへ企業・キャリア融合 <Part5>5GCをコアにスマート工場

インタビュージュニパーネットワークス 古屋知弘社長「5G時代はマルチベンダー AI自動運用をレベル4以上へ」 【ソリューション特集】通信で変わる未来の建設現場 【技術&トレンド】オープン化でSONiCが選ばれる理由 【ビジネス最前線】JTOWERの「本気度」 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

日立国際電気ローカル5Gに無線・映像のDNA!
エッジで映像処理するAIカメラ

日立国際電気がローカル5Gの構築から保守運用までサポート!

NTTコミュニケーションズ高品質ローカル5GでDXを強力支援
運用、データ活用もワンストップ!

NTTコミュニケーションズのローカル5Gソリューションの特徴とは?

OKIローカル5GとAIエッジがDXに導く
OKIの技術力/パートナーをフル活用

ローカル5Gの導入から運用、マイグレーションまで全方位で支援する。

ローカル5Gを牽引する純国産検証機
スマート工場に特化し低価格を実現

エイビットのSA構成を採用した日本初の4.7GHz帯ローカル5G検証機

マイクロフォーカスキャリアの運用現場を知り尽くした
マイクロフォーカスが語る現状と未来

5G時代、大きな変化を迫られる通信事業者。課題をどう解決すべきか?

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

アンリツローカル5Gのサービス品質を支えるアンリツの測定器

シミュレータやエリアスキャナをコアにローカル5Gに必要な製品を用意

SerivceNow5G/IoT時代、通信キャリアに必要な新たなサービス提供とは?

新たなサービス創出に必要なモデルとは何だろうか。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます