企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

ローカル5G局開設を全段階で支援 レンタルスキームでコスト障壁に挑む

提供◎株式会社スリーダブリュー 2020.10.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ローカル5G導入支援サービスを手掛けるスリーダブリューが、三井住友ファイナンス&リースグループのSMFLレンタルと共同で、ローカル5Gパッケージシステムの提供に乗り出す。レンタルスキームで無線機器のコストを低減、性能検証や用途開拓を加速させ、ローカル5G市場の裾野拡大を狙う。


「ローカル5Gを導入しようとした時に大きな障壁となるのがコスト。レンタルスキームが、その解決策の1つになる」

スリーダブリューの植田敦代表取締役は、ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージを、三井住友ファイナンス&リースグループのレンタルサービス会社、SMFLレンタルと共同展開する狙いをこう説明する。
 
基地局をレンタル提供 コストを10分の1以下に超高速、超低遅延、多数同時接続という特徴を持つ5Gを自営無線として使える「ローカル5G」に関心を寄せる企業は少なくない。

とはいえ、ローカル5Gで利用できる無線機器はハイスペックな通信事業者向けの製品が中心。今年商用サービスが始まったばかりの5G機器は一般の企業にとって、まだまだ高価だ。

「大手ベンダーの製品でシステムを組むと、クラウドベースで数千万円以上、オンプレミスでは億単位のコストがかかる。当社にローカル5Gの導入の相談に来られた企業の中にも、値段を聞いて尻込みされるところが少なくない」と植田氏は打ち明ける。

ローカル5G用機器のレンタル提供で初期コストを抑えることで、この問題の解決につなげようというのが、今回のSMFLレンタルとの協業の目的。特に運用期間が限定されるPoC用システムでは「機器コストを複数ユーザーでシェアできるので費用を数分の1、PoCの期間次第では10分の1以下に下げられる」とSMFLレンタルの長谷川大輔氏は説明する。

「レンタルで性能検証やユースケース開拓に取り組む企業が増えれば、ローカル5Gそのものの普及に弾みがつく。数が出れば製品の価格も下がる」と植田氏は読む。レンタルパッケージを「コストの障壁」の突破口にしようというのである。

 

 

(右から)スリーダブリュー 代表取締役 植田敦氏、SMFLレンタル 計測器事業部 営業第一部 第二チーム長 長谷川大輔氏

(右から)スリーダブリュー 代表取締役 植田敦氏、
SMFLレンタル 計測器事業部 営業第一部 第二チーム長 長谷川大輔氏


ローカル5G免許申請の 大半を手掛けた実績スリーダブリューは、無線局の免許申請代行を主力事業として展開する技術コンサルティング会社だ。5Gの実験局免許の取得に不可欠となるOTA(Over The Air)での登録点検(無線機が法令に適合するかの検証)のノウハウを持つ数少ない企業の1つで、大手通信事業者の5G実験局の免許取得支援や登録点検を200局以上手掛けている。

特に、2019年12月に免許申請が始まったローカル5Gにおいては、移動通信事業の経験がない企業による取り組みが多いことから、「現時点で免許申請されている案件の大半にスリーダブリューが関わっている」(植田氏)という。

ローカル5Gシステムの構築を手掛けるSIerや通信事業者の多くが、顧客の免許申請や登録点検などをスリーダブリューに委託する形でサービスメニューを構築しているとのことだ。

スリーダブリュー自身も、導入準備段階でのコンサルティングから、免許申請、保守体制の構築に至る全てのフェーズで、ローカル5Gを導入する企業の支援体制をパートナー企業とともに構築し、この新たな市場の立ち上げに挑んでいる。SMFLレンタルとの協業もその1つだ。

以前からSMFLレンタルは、スリーダブリューの技術支援サービスと組み合わせて、無線用測定器のレンタルサービスを提供してきた。「測定器を提供するだけでは、顧客のニーズに応えられない」(長谷川氏)という判断からだ。

ローカル5G機器のレンタルは、この取り組みを測定器以外の分野に拡大するもの。ローカル5G基地局や端末、IoTシステムの構築に必要なセンサーなどを、スリーダブリューのローカル5G構築支援サービスと組み合わせてレンタル提供できる体制を整えている。将来的には、スマートファクトリー向けローカル5Gシステムのリース提供なども検討しているという。
 

スペシャルトピックスPR

Gigamon2009
netscout2009
microfocus2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます