企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

ローカル5G局開設を全段階で支援 レンタルスキームでコスト障壁に挑む

提供◎株式会社スリーダブリュー 2020.10.12

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ローカル5G導入支援サービスを手掛けるスリーダブリューが、三井住友ファイナンス&リースグループのSMFLレンタルと共同で、ローカル5Gパッケージシステムの提供に乗り出す。レンタルスキームで無線機器のコストを低減、性能検証や用途開拓を加速させ、ローカル5G市場の裾野拡大を狙う。


「ローカル5Gを導入しようとした時に大きな障壁となるのがコスト。レンタルスキームが、その解決策の1つになる」

スリーダブリューの植田敦代表取締役は、ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージを、三井住友ファイナンス&リースグループのレンタルサービス会社、SMFLレンタルと共同展開する狙いをこう説明する。
 
基地局をレンタル提供 コストを10分の1以下に超高速、超低遅延、多数同時接続という特徴を持つ5Gを自営無線として使える「ローカル5G」に関心を寄せる企業は少なくない。

とはいえ、ローカル5Gで利用できる無線機器はハイスペックな通信事業者向けの製品が中心。今年商用サービスが始まったばかりの5G機器は一般の企業にとって、まだまだ高価だ。

「大手ベンダーの製品でシステムを組むと、クラウドベースで数千万円以上、オンプレミスでは億単位のコストがかかる。当社にローカル5Gの導入の相談に来られた企業の中にも、値段を聞いて尻込みされるところが少なくない」と植田氏は打ち明ける。

ローカル5G用機器のレンタル提供で初期コストを抑えることで、この問題の解決につなげようというのが、今回のSMFLレンタルとの協業の目的。特に運用期間が限定されるPoC用システムでは「機器コストを複数ユーザーでシェアできるので費用を数分の1、PoCの期間次第では10分の1以下に下げられる」とSMFLレンタルの長谷川大輔氏は説明する。

「レンタルで性能検証やユースケース開拓に取り組む企業が増えれば、ローカル5Gそのものの普及に弾みがつく。数が出れば製品の価格も下がる」と植田氏は読む。レンタルパッケージを「コストの障壁」の突破口にしようというのである。

 

 

(右から)スリーダブリュー 代表取締役 植田敦氏、SMFLレンタル 計測器事業部 営業第一部 第二チーム長 長谷川大輔氏

(右から)スリーダブリュー 代表取締役 植田敦氏、
SMFLレンタル 計測器事業部 営業第一部 第二チーム長 長谷川大輔氏


ローカル5G免許申請の 大半を手掛けた実績スリーダブリューは、無線局の免許申請代行を主力事業として展開する技術コンサルティング会社だ。5Gの実験局免許の取得に不可欠となるOTA(Over The Air)での登録点検(無線機が法令に適合するかの検証)のノウハウを持つ数少ない企業の1つで、大手通信事業者の5G実験局の免許取得支援や登録点検を200局以上手掛けている。

特に、2019年12月に免許申請が始まったローカル5Gにおいては、移動通信事業の経験がない企業による取り組みが多いことから、「現時点で免許申請されている案件の大半にスリーダブリューが関わっている」(植田氏)という。

ローカル5Gシステムの構築を手掛けるSIerや通信事業者の多くが、顧客の免許申請や登録点検などをスリーダブリューに委託する形でサービスメニューを構築しているとのことだ。

スリーダブリュー自身も、導入準備段階でのコンサルティングから、免許申請、保守体制の構築に至る全てのフェーズで、ローカル5Gを導入する企業の支援体制をパートナー企業とともに構築し、この新たな市場の立ち上げに挑んでいる。SMFLレンタルとの協業もその1つだ。

以前からSMFLレンタルは、スリーダブリューの技術支援サービスと組み合わせて、無線用測定器のレンタルサービスを提供してきた。「測定器を提供するだけでは、顧客のニーズに応えられない」(長谷川氏)という判断からだ。

ローカル5G機器のレンタルは、この取り組みを測定器以外の分野に拡大するもの。ローカル5G基地局や端末、IoTシステムの構築に必要なセンサーなどを、スリーダブリューのローカル5G構築支援サービスと組み合わせてレンタル提供できる体制を整えている。将来的には、スマートファクトリー向けローカル5Gシステムのリース提供なども検討しているという。
 
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

vmware21051
vmware21052
vmware2106

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】もう知らないではすまされない
           
宇宙通信と量子通信で変わる未来

<第一部:宇宙通信>衛星通信はこれからどうなる/ NTTが宇宙に行く理由/ソフトバンクの“非地上”作戦/JAXA、光衛星間通信の狙い <第二部:量子通信>量子暗号で世界をリード/量子インターネットの可能性

インタビューJTOWER 代表取締役社長 田中敦史氏「キャリア投資の1割がまず目標 海外大手とも戦っていける」【ソリューション特集】マルチベンダー時代のテスターの選び方/DDoS攻撃対策 【ビジネス最前線】東大・中尾教授がローカル5Gベンチャー ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アレイ・ネットワークスIoTネットワークまで標的が拡大
ランサムDDoS攻撃の対策方法

アレイ・ネットワークスのASFシリーズで自力防衛を!

VIAVIソリューションズ5GをRANからコアまで徹底検査
オールインワンのローカル5G測定器も

E2Eのテストソリューションを提供するVIAVIソリューションズ

ウインドリバーなぜ、5G vRANにウインドリバーを採用したのか?

ベライゾンとボーダフォンが選んだ「Wind River Studio」

アイティフォーAI型EDRが侵入“後”の対応を
高速・低コストに

数週間かかる「フォレンジック」が最短3時間!

東陽テクニカあらゆる400ギガネットワーク環境をテスト

BGPの負荷試験等幅広いプロトコルテストに対応!

ネットスカウトシステムズネットスカウトシステムズが指南!
DDoS攻撃の効果的な防御方法とは

世界的に急増するDDoS攻撃。被害を最小限に食い止める方法を解説する

インテル「5G・6Gでキャリアとともにイノベーションを起こす」インテル堀田氏

ワイヤレスジャパン2021での基調講演を徹底レポート!

VMwareデータセンター内通信を「ゼロトラスト化」するには?

データセンタートラフィックの8割を占めるEast-West通信の守り方を解説

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

NVIDIA AI DAYSエヌビディア・ドコモ・富士通が
見据える「5G RANの将来」

AI時代に起こる5G RANの進化についてキーパーソンたちが語った。

NVIDIA AI DAYSソフトバンク、ドコモの5G・MECを支える技術とは

「AI-on-5G」の実現に向けて取り組むソフトバンクとNTTドコモ。

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMware未知の脅威から身を守る
最新のNDRが持つ実力とは

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareが見据えるネットワーク業界の未来

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。