企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

「明日からテレワーク」。そんな急なニーズにも安心・安全に応えるソリューション

提供◎e-Janネットワークス株式会社 2020.05.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

新型コロナウイルス感染症が全世界で猛威を振るっている今、大企業を中心にテレワークへの移行が進んでいる。だが、中堅・中小企業の中には、「テレワークに対応したいと思っても、オフィスにあるPCはデスクトップ。どうすればよいのか分からない」と頭を悩ませている企業も多いのではないだろうか。e-Janネットワークスの提供する「Splashtop for CACHATTO クラウドパック」なら、「急なテレワーク対応」に応えられる。

 
働き方改革の施策の1つとして、テレワークを進めている企業も多い。だが、本当に活用できているかというと、なかなかできていない企業も多そうだ。厚生労働省がLINEで実施した第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果でも、「テレワークで仕事をしている」と回答した人はわずか5.6%だった。

なぜテレワークが進まないのか。e-Janネットワークス 経営企画室 サブリーダーの堀中敦志氏は「中堅・中小企業の場合、デスクトップPCを使っているところもまだまだ多く、貸与するPCの台数に限りがあること。また私用PCを使ってもよいとしても、PCを持っていない人は、特に若年層を中心に増えている。そうした理由からテレワークが進んでいないのではないか」と指摘する。

たとえ社員全員が私用PCを持っていたとしても、情報セキュリティ面を考えると「会社のネットワークに接続させることは現状難しい」と考えている企業も少なくないだろう。

e-Janネットワークス 経営企画室 サブリーダー 堀中敦志氏
e-Janネットワークス 経営企画室サブリーダーの堀中敦志氏


申込から1週間以内に利用できるワケこうしたテレワーク環境を整備するには課題だらけの企業に朗報がある。e-Janネットワークスの提供する「Splashtop for CACHATTO クラウドパック(以下、Splashtop for CACHATTO)」である。「最短1週間以内でテレワークを全社展開できる」と堀中氏は言い切る。

最短5営業日でテレワーク環境が実現できるのは、Splashtop for CACHATTOがリモートデスクトップ機能をクラウド型で提供するサービスだからだ。会社のPCを持ち帰りすることなく、自宅にある私物PCでも安全にテレワークが可能になる。

「マルチデバイス対応なので、私物PCはWindowsだけではなく、Macやタブレット、スマートフォンでも使用可能」と堀中氏は説明する。サーバーの設置などすることなく、接続先端末(会社PC)と利用端末(私物PCなど)に専用アプリをインストールするだけで、サービスの利用を即開始できる。

リモートデスクトップ機能を活用する最大のメリットは、「オフィスでのPC環境をなんの制限もなく実現できること」と堀中氏は語る。つまりテレワーク環境で社内と同じことができるということだ。

テレワークに最適なSplashtop for CACHATTO
テレワークに最適なSplashtop for CACHATTO


最大の特徴はセキュリティの高さとはいえ、「自宅のPCからインターネット経由で会社のPCに入るのは、本当に安全なのか気になる」という人もいるだろう。その点も「心配無用」と堀中氏。

図表1を見れば分かるとおり、Splashtop for CACHATTOは、クラウドの仕組みを挟んで社内環境にアクセスする。そのため、「アンチウイルスソフトウェアがインストールされていないPCでも、マルウェアが社内に持ち込まれることはない」と堀中氏は断じる。VPNを整備することなく、通常のインターネット回線でも安心して接続できるというわけだ。

 

表1 Splashtop for CACHATTOのシステム概要[画像をクリックで拡大]
図表1 Splashtop for CACHATTOのシステム概要


もちろん情報漏洩対策もバッチリだ。Splashtop for CACHATTOは利用端末にデータを残したり、持ち出せたりできない設計になっている。「スクリーンショットを撮っても、そのデータを保存できるのは接続先PCだけで、利用端末には残せない」(堀中氏)。

セキュリティ面でもう1つ気になるのが、本人認証の仕組みである。例えば自宅のPCが家族共用の場合、IDとパスワードを自宅PCに記憶させてしまうと、本当に接続しているのが社員本人なのか確認できない。

Splashtop for CACHATTOなら、本人認証を手軽に行う方法を用意している。その1つがスマートログインだ。会社が支給しているスマートフォンなど、利用者が認証された端末を使って、自宅PCに表示された二次元コードを読み取り、ログインさせるという方法である(図表2)。

ちなみに表示される二次元コードの有効時間は60秒なので、なりすましも難しい。「この方法でも気になる場合は、スマートフォンの顔認証や指紋認証などを組み合わせれば、多段階認証となり、より強固な本人認証の仕組みになる」(堀中氏)。

 

図表2 Splastop for CACHATTOの認証/ログイン手順[画像をクリックで拡大]
Splashtop for CACHATTOの認証/ログイン手順


このセキュリティの高さが評価され、「官公庁など、多くの公共機関で導入されている」(堀中氏)という。

セキュリティと利便性はトレードオフの関係にあるとよく言われるが、Splashtop for CACHATTOではそうした心配もない。Splashtop for CACHATTOはそのバランスを重視して開発されたソリューションだからだ。「動きも速く、パフォーマンスも気にならない」と堀中氏。

そのほか、Splashtop for CACHATTOでは、隠れ残業を防止するような機能も提供している。それが利用時間制御機能だ。「テレワークは隠れ残業になりやすい」と堀中氏。この機能を使えば、深夜や休日などにPCを使えないようにできる。ユーザーごとに設定できるが、「職責で分けているところが多い。労働組合がある企業では組合員と非組合員で分けているケースもある」と堀中氏は話す。

マルチディスプレイにも対応予定Splashtop for CACHATTOに弱点があるとすれば、「4G/LTEなどの携帯電話回線だと通信料がそれなりにかかってしまうこと」と堀中氏。スマートデバイスで利用する場合には「3Gに最適化」する設定によって通信量を抑えることが可能だが、PCで利用する際には、Wi-Fiルーターを提供することなどは必要だろう。

e-Janネットワークスでは、Splashtop for CACHATTOの利便性をさらに高めるべく、現在、機能拡張を図っている。第一がマルチディスプレイ対応である。「できるだけ早い時期に提供したい」と堀中氏は意気込みを語る。

Splashtop for CACHATTOの年間利用料は27万円(税別。10ユーザー含む)。利用料以外には特別何か設備を用意する必要もない。

「今すぐテレワークを導入したい」「テレワークを試してみたい」というのであれば、ぜひ、Splashtop for CACHATTOを検討してみてはどうか。同社ではクラウド型以外にもオンプレミスタイプなど、様々なテレワークソリューションを用意している。きっと自社のテレワークに合うソリューションが見つかるはずだ。

 

<お問い合わせ先>
e-Janネットワークス株式会社
URL:https://www.e-jan.co.jp/

スペシャルトピックスPR

netgear2012
hitec2012
comware2012

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5Gのホント
   
~ Sub6・SAの真実と導入企業の本音
[Part1]期待のSub6・SA 方式、その本当の実力 [Part2]中韓独のローカル/プライベート5G動向 [Part3]ケーブルテレビ 先駆者の“生みの苦しみ” [Part4]オフィスにローカル5G [Part5]ローカル5Gやるなら「現場を見てほしい」

<インタビュー>OKI 坪井正志専務「AIエッジ×5Gの社会実装進める」/日本マイクロソフト 手島主税常務「リモートを価値に変える」
●コロナで加速するクラウドPBX導入/●IP化で到来する映像伝送の新時代/●O-RANの“本命”RICとは何か/●北俊一の最強のケータイ業界への道

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マクニカ“非純正”光トランシーバーを
朝日ネットが選んだ2つの理由

トランシーバーは純正品を使うという“常識”は、もはや過去のもの。

ソフトバンククラウドPBXとFMCをワンストップ
withコロナ時代の電話の課題解決!

ソフトバンクのConnecTalkでリモートワークの会社電話の悩み解消。

レンジャーシステムズローカル5G導入するならレンジャー
国内初のSA構成の免許取得も支援!

ローカル5Gの「本命」SA構成の免許取得はじめワンストップ導入支援。

マクニカIP化で“新しい放送”の世界
NVIDIAの新技術が導く未来とは?

IP化がもたらす放送の未来についてマクニカとエヌビディアが語った。

CASO複数SIMで切れないモバイル通信!
映像伝送から産業用まで幅広く対応

独自技術「Speed Fusion」で、安定して切れない、高速モバイル通信!

ネットギア業務用AVのIP化は「SDVoE」

大規模なデジタルサイネージや
ビデオウォール等への映像配信を、
もっと低コスト・シンプルに!

LANが届かない、電源がない──。
映像伝送の「困った」を解決!

IP監視カメラの設置を諦めていた企業に朗報!

NTTコムウェアスマホの中に会社の電話機が入り
テレワークでも固定電話に対応!

テレワーク時の電話対応をどうすれば? クラウドPBXで解決だ!

マクニカネットワークス株式会社/Actility S.AIoTで勘や記憶に頼らないコロナ対策

IoTによる換気と接触の見える化で、データに基づいた「3密回避」が簡単に実現できる。

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

セキュアなファイル転送を簡単かつ迅速に実行するには?

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます