企業ネットワーク最前線

ローバンド5Gが年内にも欧米で始動 加熱する世界の5G投資とエリア整備

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.12.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

世界中で次々と5Gサービス開始の号砲が鳴り響くなか、にわかに注目が集まっているのが「ローバンド5G」だ。既存のLTE周波数帯を5G化して、早期にカバレッジを広げる動きがまもなく始まる。

 
「通信キャリアの5Gへの投資は穏やかに始まると予測していたが、それに反して2019年は激しく動いた」

ガートナージャパン テレコム&パブリック・セクタ担当 シニアディレクターの瀧石浩生氏はそう語る。

ガートナー ジャパン リサーチ&アドバイザリ部門 テクノロジ&サービス・プロバイダー インダストリー テレコム&パブリック・セクタ担当 シニアディレクター アナリスト 瀧石浩生氏
ガートナー ジャパン リサーチ&アドバイザリ部門
テクノロジ&サービス・プロバイダー インダストリー テレコム&パブリック・セクタ担当
シニアディレクター アナリスト 瀧石浩生氏



ガートナーは8月22日、英国発のリリースで5Gネットワークインフラに関する調査・予測を発表し(図表)、世界各国で5Gインフラ整備が前倒しで進行するとの見通しを示した。「昨年時点で予測した2020年の5G投資額は31億ドルだったが、今回の発表では約3割増しの42億ドルとした。国家間およびキャリア間の競争意識が加熱した結果、5Gへの投資が前倒しされている」

なお、GSMAによれば、世界で39の商用5Gネットワークが8月時点で稼働しており、年末までに56に達する見込みだ。

 

図表 ワイヤレスインフラストラクチャの収入予測2018-2021[画像をクリックで拡大]
図表 ワイヤレスインフラストラクチャの収入予測2018-2021


LTEを上回るスピードで展開過熱ぶりを象徴するのが、今年4月に5Gサービスを開始した韓国の動きだ。SKテレコム、KT、LGU+の3キャリアの競争が加熱している。同国メディアによれば、加入者が10万人に到達するまでにかかった期間は、LTE開始時の4週間に対して、5Gはわずか1週間だったという。

SKテレコムは8月22日に5G加入者が100万人を超えたと発表しているが、これもLTEの2倍の速さだ。韓国全体の5G加入者数は8月に200万人を突破。当初は「2019年度末までに300万人」としていた予測も、年度末までに500万人と上方修正された。

エリアカバレッジも急速に広がっている。KTが公開している情報によれば、10月1日時点ですでに6万2000超の5G基地局が開通。キャリア3社は2019年末までに人口カバー率90%以上を目指している。

 

韓国KTが同社サイトで公開している「5G Coverage」(画像は10月1日時点)。マップによる表示のほか、設置および開局している基地局数等のデータも日々更新されている
韓国KTが同社サイトで公開している「5G Coverage」(画像は10月1日時点)。マップによる表示のほか、設置および開局している基地局数等のデータも日々更新されている

 



米中でも、5Gインフラ整備が急ピッチで進んでいる。中国では年内に5G基地局数が15万カ所に達する見通し。ベライゾンは今年中に対応エリアを30都市に拡大する方針だ。

競争の過熱ぶりを示すデータは他にもある。「5Gの展開ペースは4Gを上回る」と話すのは、ノキア カスタマーオペレーションズアメリカズで北南米地域CTOを務めるマイケル・マーフィ氏だ。9月に開催したイベント「Nokia Connected Future 2019」で北米とその他の地域の動向を紹介した。

ノキア カスタマーオペレーションズアメリカズ北南米地域CTO マイケル・マーフィ氏
ノキア カスタマーオペレーションズアメリカズ
北南米地域CTO マイケル・マーフィ氏



同氏が注目するのが、先陣を切ったキャリアと後続キャリアとの“差分”である。4G開始時は、北米で最初にサービスを始めたベライゾン(2010年12月)に28カ月遅れて、最後にTモバイルがサービスを展開。5Gではこれが「わずか2カ月になった」。

日中韓を加えた4カ国でみても、4Gでは差分が36カ月(最後はチャイナモバイル)だったのに対し「5Gでは12カ月になるだろう」と予測した。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

attokyo2001
yamaha2001
soltec2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます