企業ネットワーク最前線

<特集>IoTの課題解決!10の最強メソッド(5)

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

文◎原田果林(編集部) 2019.09.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ノンプログラミングツールを使ったプロトタイピングが、IoTの開発プロセスを変えるかもしれない。早期から試作、検証、改良のサイクルを高速に回すことで、開発期間の短縮だけではない様々な効果が得られる。

 
プロトタイピングとは、実働するプロトタイプを製作し、早期からユーザーのフィードバックを受けながら改良するサイクルを高速に回す開発手法。コーディング不要のノンプログラミングツールを活用したプロトタイピングは、「スゴいIoTを短期間で」開発するための強力なメソッドとなる。

プロトタイピングは初期にまず紹介したいのは、スウェーデンのデザインファームであるTOPPが開発したプロトタイピング向けノンプログラミングツール「Noodl」だ。開発画面上で「ノード」と呼ばれるコンポーネントのステータスやデザインを設定し、繋いでいくだけで、単に処理やデータの流れだけでなく、UIの設計や高度なインタラクションも作ることができる(図表1)。

 

図表1 Noodlの開発環境の画面
図表1 Noodlの開発環境の画面


センサーとの接続やAPIを介したリアルデータとの連携もできるため、実際のデータがUXに及ぼす影響が分かる点も特徴だ。ストックホルムの鉄道会社やナイキのアプリ開発、サムスン電子のスマートウォッチ開発に利用されるなど、海外では豊富な実績がある。

TOPPのマティアス・ルイン氏は次のように語る。「我々は“プロトタイピングができなければ良い結果を残せない”という信念を持っている。デザインの難しさや要素数が増すにつれ、プロトタイピングの必要性は増していく。初期の段階で実働プロトタイプを作成することによって、例えばその時点での開発の難易度や必要な通信頻度などが分かるようになる」。

プロトタイピングを行うことで、完成間際になって大幅な手戻り・修正が発生するといった事態も防げ、結果的に開発期間も短縮できるというのだ。

Noodlを日本展開するtensorXの私市瑞希氏は、「NoodlというツールやTOPPの掲げる『Think&Do』という考え方を日本に持ってくることで、日本のモノづくりのプロセスを変革できるのではないかと考えた」と話す。
(右から)tensorX UXデザイナー/Noodlエバンジェリスト 私市瑞希氏、TOPP デザインテクノロジスト マティアス・ルイン氏、tensorX クロスカルチュラルインテグレーター 千和栄氏
(右から)tensorX UXデザイナー/Noodlエバンジェリスト 私市瑞希氏、TOPP デザインテクノロジスト マティアス・ルイン氏、tensorX クロスカルチュラルインテグレーター 千和栄氏


日本企業がIoTに取り組む際の課題として、プロジェクトの規模が大きくなるにつれ、どうしてもドキュメントベースのウォーターフォール型になってしまうという点がある。このプロセスの中で、企画の意図を正しく理解していない他者からのフィードバックを受けるうちに、ユーザーのニーズから離れたプロダクトができてしまうこともあるという。しかし、「Noodlでプロトタイピングを行えば、企画意図や完成品のイメージを掴めていない人にも『これを作ります』と明示できる」と私市氏は言う。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます