調査データ

5G契約は2023時点で13.5%程度 ―― IDC Japanが“緩やかな成長”を予測する理由

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.06.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2023年時点の5G普及は、「5G対応デバイスが全携帯電話の3割弱」「契約数は13.5%程度」――。IDC Japanは2019年6月20日に「5G関連市場予測:離陸する5G市場」記者発表会を開催した。2020年に商用サービスが始まる5Gは緩やかに成長していくと予測。リサーチマネージャーの小野陽子氏は、「全国でおおむね利用可能になるのは2025年ごろ」と見通しを語った。


「5Gは大きな技術革新を伴うので、まず技術が出揃うことが前提。そのうえで5Gを簡単に利用できるようなソリューションも必要になる。初期フェーズでは成長は緩やかで、その後に加速する」

IDC Japanリサーチマネージャーの小野陽子氏は最初に、5G普及の全体感をそうまとめた。


5G市場成長の概観。IDC Japanは初期フェーズでは緩やかな成長を予測する


超高速・大容量通信、超低遅延・高信頼通信、大量端末接続が5Gの特徴だが、それらを活かしたユースケース開拓も「長丁場になる」(同氏)。徐々に展開されていく5Gインフラを使いながら、ユースケースを高度化していく流れになると予測。ロボット・建機の遠隔制御に代表される“5Gならでは”のユースケースの搭乗は2024から25年ごろになるだろう」とした。



IDC Japan リサーチマネージャーの小野陽子氏(左)と、
シニアマーケットアナリストの菅原啓氏(右)

インフラ、デバイス、サービスそれぞれの見通しは

一般消費者が5Gを利用できるようになるには、基地局等のインフラ、5G対応デバイス、そして通信サービスの3要素が揃う必要がある。それぞれの普及予測は、次の通りだ。

5G通信インフラについては、展開が加速するのが2021年からで、2023年にはモバイルキャリアのネットワーク投資のうち約8割が5G向けになるとした。「全国くまなくではなく、概ね5Gが利用可能になるのは2025年頃」というのがIDC Japanの見通しだ。



5G向けインフラ市場予測


その理由については、4GやWiFi、ローカル5G、固定通信サービスといった「他の通信技術との競争、あるいは補完関係で発展していくと見るのが妥当」とした。特に産業用途においては通信技術に求められるニーズが多様なため、こうした他の通信技術との組み合わせで利用されていくと小野氏は話した。コンシューマ向けサービスとしても、当面は4Gとのハイブリッドサービスとして提供される。

携帯電話端末については、2023年時点で「出荷台数の3割弱」が5G対応端末になるという。最初に登場する5Gスマートフォンは「ハイエンドかつ高額」なうえ、キャリアの端末購入補助も厳しくなっている状況から、こちらも緩やかな成長を予測した。



国内5G携帯電話の出荷台数見通し


5G通信サービスの契約数も、この5G対応デバイスの出荷数に連動する。現在、MVNOやIoT向けを含めて約2億回線ある契約数は2023年時点で2億5000万弱まで伸びると見るが、そのうち5G契約が占める割合は約3300万回線で、全体の13.5%と予測した。



国内5G通信サービスの契約数予測


料金プランについては、海外キャリアの先行例と同様に、容量無制限プランで提供が始まると見る。「海外では、5Gプランは4Gの最もハイエンドなプランにくっついてくる。国内でも同様になると考えている」という。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます