ニュース

IDC Japanが国内AIシステム市場予測発表、DXの課題とは

文◎原田果林(編集部) 2019.05.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは国内AIシステム市場予測を発表した。AIシステム市場は今後も拡大を続け、DX(デジタルトランスフォーメーション)をけん引する大きな要素の1つになるとした。


IDC Japanは2019年5月21日、国内AIシステム市場予測を発表した。IDCではAIシステム市場を、「自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張する技術」と定義している。

国内AIシステム市場の2018年の前年比成長率は91.4%。今後も同市場は拡大を続け、2023年には3578億円の規模になる見込みだ。その中でも市場を引っ張るのはソフトウェア市場であるとし、特にAI組み込み型のアプリケーションの普及が進むという。また、ソフトウェア構築時に必要なコンサルテーションや導入設計といったサービスの市場が合わせて伸び、この2つの市場がAIシステム市場全体をリードしていくと予測した。

 


国内AIシステム市場予測


国内企業にAIシステムの利用有無について調査したところ、2019年は「事業部門で利用」「全社的に利用」「社内で広くPOC」が上位3位で合わせて50.8%を占め、2018年と比較して利用範囲が拡大していることが分かった。

 


AIシステムの利用有無

 
IDCはAIを、DX(デジタルトランスフォーメーション)をけん引する要素の1つと見ている。DXは企業が顧客や市場といった外部の大きな変化に対応しつつ、組織・文化・従業員など内部も変化させ、AIなど最新技術を利用して新たな価値を創出することだとIDCは定義している。

 


IDCが考えるDXの定義

 
 IDC Japan リサーチマネージャーの飯坂暢子氏は「DXは内部だけが変わることではなく、外部も含めて変えていかなければいけない。そしてその結果としてビジネスモデルが変わって、企業を取り巻くエコシステムにいる人達も変わっていく。最終的にはオムニエクスペリエンスを実現するというところをDXでは目指している」と説明。

 


IDC Japan リサーチマネージャー 飯坂暢子氏

 
DX実現の最大の課題として内部プロセスと外部プロセスの分断があるといい、現在日本企業の多くがDXの活用範囲を企業内部に留めており、外部向けの変革が進んでいない可能性があると指摘する。

 


DXの課題



プロセス変革のギャップ

 
AIシステムの利用目的を調査したところ、最も当てはまるものは「経営状況の把握」「働き方改革」のような内部変革が主となった。次に当てはまると回答したのは「顧客サービスの向上」や「既存サービスの改良」など、外部変革に関する回答が目立ったことから、今後は外部変革も進むと思われる。


AIシステムの利用目的

 


AIシステムの利用目的は内部変革の比重が大きい

スペシャルトピックスPR

ciena1906
kccs1904
nttdata1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます