企業ネットワーク最前線

ローカル5G免許は敷地・建物ごとに――総務省が自営5G向け28GHz帯の「割当方針案」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2019.04.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

年内に先行利用が始まる28GHz帯・100MHz幅のローカル5G用帯域。その「割当方針案」を総務省が示した。自営5G網は、どのような形で利用可能になるのだろうか。

 
5Gを自営網として使える「ローカル5G」への割当が計画されている周波数帯のうち、年内にも利用可能になる28GHz帯・100MHz幅の利用イメージが見えてきた。

2月1日に開かれた情報通信審議会「ローカル5G 検討作業班」の第4回会合で、総務省は昨年末から行ってきた構成員からの意見聴取を踏まえた「検討の方向性」を提示。その中でローカル5Gでの利用が検討されている周波数帯のうち、先行して8月までに制度整備を終える予定の28.2-28.3GHzについて、「基本的な割当方針案」(以下、「方針案」)が提案された。

さらに作業班で併せて検討されている「自営BWA」─地域BWAバンド(2575-2595MHz)を利用するLTEベースの自営無線システムについても、8月までに制度整備を終える方針が打ち出された。

今回提示された「方針案」をベースに、ローカル5Gと自営BWAの免許割当イメージについて見ていくことにしよう。

「場所」の権利者に免許付与総務省は「方針案」において、ローカル5Gのコンセプトを「5Gシステムを用い、ローカルニーズに基づく比較的小規模な通信環境を構築するもの」と定義。そのうえで、「無線局免許を自ら取得することも、免許を取得した他社のシステムを利用することもできる」としている。

自営網としての利用だけでなく、通信事業者やSIerなどが免許を取得し、ローカル5Gサービスを提供することも許容されているのである。

もちろん、ローカル5Gによるサービス提供は、無制限に認められているわけではない。

「方針案」ではまず、「自己の建物内」または「自己の土地の敷地内」の「所有者利用」を基本とすることが示された。この「所有者」には、借地契約や建物の賃貸契約を結んだ者も含まれる。

ローカル5Gの免許は基本的に、その「場所」を利用する権利を持つ企業などに与えられるのだ。

利用エリアが敷地内や建物内に限定されても、建設機械の遠隔操作や産業用ロボットの自動運転など、企業向けの5Gのユースケースの多くは実現できる。

さらに方針案では、「所有者」から委任や同意を受けた者も、その範囲で免許を取得できるとした。これにより、前述の通信事業者/SIerなどによるローカル5Gサービスの提供が可能になる。ローカル5Gのシステム構築/運営支援は今後大きなビジネスに育ちそうだ。

こうした枠組みは、年内に先行して利用可能になる28GHz帯の電波の「あまり遠くまで飛ばない」という特性を活かしたもの。利用エリアを敷地内や建物内に限定することで、同じ周波数を利用するユーザー間の干渉を回避できる。そのため多くのユーザーで帯域を共用でき、周波数の有効利用も図れる。

今回の「方針案」で注目されるのは、道路やローカル5Gを利用していない他の所有者の土地を横切って、自らの施設をカバーする「道路利用」と「他者土地利用」も認める方向性が示されたことだ。

これにより、効率的なエリア構築が可能になる。CATV業界が希望しているローカル5Gを活用した高層マンションへの映像サービスの提供も実現しやすくなる。

この「道路利用」と「他社土地利用」は原則として、端末と基地局が移動しない「固定的利用」に限定される。移動通信型の広域サービスに利用されることを防ぐためだ。

また、横切る土地の所有者がローカル5Gを利用し始める場合には、アンテナの移動などの干渉回避措置が求められる(図表)。

 

図表 作業班で示された「ローカル5Gの利用イメージ」[画像をクリックで拡大]
図表 作業班で示された「ローカル5Gの利用イメージ」

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttcom1902
sbcloud1902
nec1902

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
これからの企業ネットワークの
教科書  2019年度版
◆IoT時代の無線化オフィス ◆NW機器もサブスク化? ◆これが正解! 有線LAN高速化 ◆NW管理はマルチドメインで ◆常時SSL時代のセキュリティ

●[インタビュー] NTT 代表取締役副社長 井伊基之氏「GAFAに伍する国際競争力を」/●本格普及期へ突入するSD-WAN/●ファーウェイが“疑念”に反論/●MWC19 Barcelonaレポート/●セキュリティ人材不足時代の次世代FW/UTM/●NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

CDNetworks中国でのWeb配信を8.5倍高速化
その真相とは?

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

アクセスランキング

tc1904
w59

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます