企業ネットワーク最前線

ワイヤレス工場の切り札誕生! 製造現場IoT化のボトルネック解消

文◎松本一郎(編集部) 2019.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

無線によるIoT化を試みる工場が増えている。しかし、無線の導入にはいくつもの課題がある。それらを一挙に解決する可能性を秘めた、無線プラットフォーム「SRF」の策定が進んでいる。

 
人手不足や熟練工の減少といった問題に直面する製造現場で、「デジタル化」の動きが広がっている。IoTにより工場内の各設備の稼働状況を可視化し、故障などの予兆を検知。さらに最適制御まで実現することで、生産性を向上させようというわけだ。

生産設備をつなぐネットワークは、できれば無線で構築することが望ましい。ケーブルの配線工事が不要になり、コストを削減できるからだ。また、作業員やAGV(無人搬送車)のような移動体は、そもそも無線でないと通信できない。

産業用ネットワーク機器ベンダーのHMS Industrial Networksが2017年に行った調査によれば、工場の通信における無線の割合は6%とまだ少ないが、年32%の割合で成長している。イーサネットによる有線ネットワークを上回るペースで成長しており、工場における通信手段として、無線に大きな期待が寄せられていることが分かる。

製造現場における無線の課題だが、工場で無線を運用するには、いくつかの課題がある。特に、「通信が途切れてシステムが止まるのではないか」といった通信品質への懸念が強い。

無線の通信品質が低くなりがちな理由の1つに、工場の環境は変化しやすいことが挙げられる。人やモノが頻繁に移動することで、電波が届かない不感帯が秒単位で出現・移動・消滅するからだ。工作機械の中には不規則にノイズを発するものもある。さらに月・年単位でみると、設備レイアウトの変更や、新規ラインが設立されることも珍しくない。

また、工場ではそもそも各アプリケーションに、周波数帯や空間といった無線リソースが適切に割り振られていないという問題もある。

情報通信研究機構(NICT)と製造業7社で構成される業界団体の、フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)で代表幹事 博士(工学)を務める丸橋健一氏は「例えばロボット制御のアプリケーションであれば無線にも低遅延性が求められるし、画像による製品検査の場合はデータサイズが大きいため帯域を広く取る必要がある」と解説する。
(右から)フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)事務局長の厚東肇氏、副会長の佐藤慎一氏、代表幹事 博士(工学)の丸橋健一氏
(右から)フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)事務局長の厚東肇氏、副会長の佐藤慎一氏、代表幹事 博士(工学)の丸橋健一氏


だが、このようにアプリケーションの特性に応じて無線リソースを割り当てている工場は少ない。製造現場で稼働している設備は新旧入り混じっており、無線システムも互いに独立した設定で運用されるためだ。

前述したように、そもそも製造業でIoT化が進む背景にあるのは人手不足。そのため、導入が期待されるのはロボット制御や、画像認識による品質検査の自動化など、生産性を大幅に高めるアプリケーションだ。

それが、無線システムが独立して運用されるため、「温度センサーのような送信データ量が少なく遅延も許される業務上優先度の低い設備が、無線のリソースを過剰に使い、リアルタイム性が求められるロボット制御等のリソースを潰してしまう恐れがある」(丸橋氏)。

こうした問題はすでに一部の製造現場で発生しており、今後、無線が普及すると多くの工場が同様の課題に直面する懸念がある。

スペシャルトピックスPR

zeta1903
sonet1903
rakus1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
ローカル5G徹底ガイド
<Part 1>ローカル5Gがやってくる――5G/LTEを自営できる新制度
<Part 2>ローカル5Gの「使い途」――多様な業種に広がるユースケース
<Part 3>ローカル5Gを導入する――ベンダー各社から製品・サービスが登場

●[インタビュー] 総務省 サイバーセキュリティ統括官  竹内芳明氏「IoTセキュリティに新技術基準」/●DX時代を支える光伝送システム/●サイバー保険は日本企業にピッタリ/●ドローン「目視外飛行」の早期実現へ/●中小企業のセキュリティ5か条
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます