キーパーソンが語る

「プログラマブルで堅牢なLANを作る」、シスコCatalyst責任者インタビュー

構成◎坪田弘樹(編集部) 2019.02.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズ エンタープライズスイッチング
プロダクトマネジメント担当バイスプレジデント
ムニンダ・ザンビ氏

インテントベースネットワーキングの実現に向けて、LANスイッチはどのように進化していくのか。米シスコでCatalystスイッチのプロダクトマネジメントを担うムニンダ・ザンビ氏に聞いた。

 
──ユーザー企業が置かれている現状と課題について、どう見ていますか。

ザンビ デジタルトランスフォーメーションを実行していくうえで、お客様は次のような流れに対応しなければならなくなっています。

ネットワークが常につながっている、使える状況を担保するためにはモビリティへの対応が必須であり、マルチクラウドの環境もサポートする必要があります。そして、その環境においてユーザーエクスペリエンスを担保することも重要です。

これを実現するには、3つの課題があります。

1つが増え続けるデバイス、2つめがネットワークの複雑化です。そして、これらとともに増大するセキュリティ脅威が3つめの課題です。今後は、ユーザーが使用するデバイスだけでなくIoTのセキュリティにも対応しなければなりません。以前のように、機器を個別に手作業で設定するようなオペレーションではとても追いつかない状況です。

一方、これらを管理するためのリソースは頭打ちになっています。自動化が必要であり、アナリティクス技術を活用し、インフラから得られるデータを上手に使って効率的に運用することが求められています。

シスコはこれをサポートし、お客様がネットワークの管理に忙殺されるのではなく、ビジネスのイノベーションにフォーカスできる環境づくりをしています。そこで提唱しているのが「インテントベースネットワーク(IBN)」です。

──IBNの考え方は、今や多くのベンダーが掲げています。シスコにおける自動化とは具体的にどのように行うのですか。

ザンビ SDNコントローラーの「CiscoDNA Center」で、企業の意図(インテント)をポリシーとして設定します。DNA Centerはコマンドセンター(司令部)として、この設定を基にネットワーク/セキュリティのプロビジョニングを実行します。

このプロビジョニングを大規模に行うには、IBNに対応したインフラが必要です。そして、セキュリティ機能をインフラの一部として組み込むことも極めて重要です。

インフラをプログラマブルに──そのインフラを構築する製品として先頃、Cisco Catalystシリーズの新製品をリリースしました。ワイヤレスコントローラー「Catalyst 9800」と、エントリーレベルのアクセススイッチ「Catalyst 9200」です(図表)。

ザンビ IBNを無線・有線のアクセスまで広げることができました。

我々は1年半前から、アグリゲーションスイッチのCatalyst 9500、アクセススイッチの9400/9300を順次リリースしてきました。今回、9800と、中小規模拠点向けの9200が加わったことで、コアを除く全領域がカバーできました。

 

図表 Catalyst 9000シリーズの拡大
図表 Catalyst 9000シリーズの拡大


──改めて、Catalyst 9000シリーズの特徴について教えてください。

ザンビ プログラマブルであることと、セキュリティが組み込まれていることです。

現在のお客様はプログラマビリティを強く望んでおり、これに関しては、NETCONFやRESTCONF、YANGデータモデルにも対応したOSであるIOS-XEを搭載しています。我々の製品ほど、モダンなAPIに包括的に対応しているものはないと自負しています。

また、独自ASICの「UDAP2.0」もプログラマブルであり、9000シリーズの全製品でASICのカスタマイズが可能です。

──ASICがプログラマブルであることの利点とは何ですか。

ザンビ 投資の保護になります。通常、新しいプロトコルが出ると、その度に新しいASICが必要になりますが、ハードを入れ替えることなくプログラムすることで対応できます。

高度なユーザーであれば、自らアプリケーションを書いて機能を追加することも可能です。トラフィック管理を行うアプリケーションを開発しているお客様も実際にいます。

──セキュリティについては。

ザンビ MACsec暗号化、SD-Access(注:いわゆるSD-LAN機能)によるセグメンテーション、ハードウェアレベルで整合性・完全性を担保するTrustworthyテクノロジーなどを搭載しています。トラフィックを可視化するFlexible NetFlowにも対応しています。

また、特に独自性のある機能として、暗号化トラフィック分析(ETA)があります。これは9200を除く9300/9400/9500/9800で利用できるものですが、暗号化されたトラフィックを解読することなく脅威を検知できる業界初のテクノロジーです。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

hitachi1901
nttcom1902
sbcloud1902

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
iot25

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます