キーパーソンが語る

「プログラマブルで堅牢なLANを作る」、シスコCatalyst責任者インタビュー

構成◎坪田弘樹(編集部) 2019.02.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズ エンタープライズスイッチング
プロダクトマネジメント担当バイスプレジデント
ムニンダ・ザンビ氏

インテントベースネットワーキングの実現に向けて、LANスイッチはどのように進化していくのか。米シスコでCatalystスイッチのプロダクトマネジメントを担うムニンダ・ザンビ氏に聞いた。

 
──ユーザー企業が置かれている現状と課題について、どう見ていますか。

ザンビ デジタルトランスフォーメーションを実行していくうえで、お客様は次のような流れに対応しなければならなくなっています。

ネットワークが常につながっている、使える状況を担保するためにはモビリティへの対応が必須であり、マルチクラウドの環境もサポートする必要があります。そして、その環境においてユーザーエクスペリエンスを担保することも重要です。

これを実現するには、3つの課題があります。

1つが増え続けるデバイス、2つめがネットワークの複雑化です。そして、これらとともに増大するセキュリティ脅威が3つめの課題です。今後は、ユーザーが使用するデバイスだけでなくIoTのセキュリティにも対応しなければなりません。以前のように、機器を個別に手作業で設定するようなオペレーションではとても追いつかない状況です。

一方、これらを管理するためのリソースは頭打ちになっています。自動化が必要であり、アナリティクス技術を活用し、インフラから得られるデータを上手に使って効率的に運用することが求められています。

シスコはこれをサポートし、お客様がネットワークの管理に忙殺されるのではなく、ビジネスのイノベーションにフォーカスできる環境づくりをしています。そこで提唱しているのが「インテントベースネットワーク(IBN)」です。

──IBNの考え方は、今や多くのベンダーが掲げています。シスコにおける自動化とは具体的にどのように行うのですか。

ザンビ SDNコントローラーの「CiscoDNA Center」で、企業の意図(インテント)をポリシーとして設定します。DNA Centerはコマンドセンター(司令部)として、この設定を基にネットワーク/セキュリティのプロビジョニングを実行します。

このプロビジョニングを大規模に行うには、IBNに対応したインフラが必要です。そして、セキュリティ機能をインフラの一部として組み込むことも極めて重要です。

インフラをプログラマブルに──そのインフラを構築する製品として先頃、Cisco Catalystシリーズの新製品をリリースしました。ワイヤレスコントローラー「Catalyst 9800」と、エントリーレベルのアクセススイッチ「Catalyst 9200」です(図表)。

ザンビ IBNを無線・有線のアクセスまで広げることができました。

我々は1年半前から、アグリゲーションスイッチのCatalyst 9500、アクセススイッチの9400/9300を順次リリースしてきました。今回、9800と、中小規模拠点向けの9200が加わったことで、コアを除く全領域がカバーできました。

 

図表 Catalyst 9000シリーズの拡大
図表 Catalyst 9000シリーズの拡大


──改めて、Catalyst 9000シリーズの特徴について教えてください。

ザンビ プログラマブルであることと、セキュリティが組み込まれていることです。

現在のお客様はプログラマビリティを強く望んでおり、これに関しては、NETCONFやRESTCONF、YANGデータモデルにも対応したOSであるIOS-XEを搭載しています。我々の製品ほど、モダンなAPIに包括的に対応しているものはないと自負しています。

また、独自ASICの「UDAP2.0」もプログラマブルであり、9000シリーズの全製品でASICのカスタマイズが可能です。

──ASICがプログラマブルであることの利点とは何ですか。

ザンビ 投資の保護になります。通常、新しいプロトコルが出ると、その度に新しいASICが必要になりますが、ハードを入れ替えることなくプログラムすることで対応できます。

高度なユーザーであれば、自らアプリケーションを書いて機能を追加することも可能です。トラフィック管理を行うアプリケーションを開発しているお客様も実際にいます。

──セキュリティについては。

ザンビ MACsec暗号化、SD-Access(注:いわゆるSD-LAN機能)によるセグメンテーション、ハードウェアレベルで整合性・完全性を担保するTrustworthyテクノロジーなどを搭載しています。トラフィックを可視化するFlexible NetFlowにも対応しています。

また、特に独自性のある機能として、暗号化トラフィック分析(ETA)があります。これは9200を除く9300/9400/9500/9800で利用できるものですが、暗号化されたトラフィックを解読することなく脅威を検知できる業界初のテクノロジーです。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます