キーパーソンが語る

ドコモのIoTビジネス戦略を語る、谷役員インタビュー

聞き手◎太田智晴(編集部) 2019.02.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモ 執行役員
法人ビジネス本部 IoTビジネス部長
谷直樹氏

この5年間で3倍以上になったが、IoTの可能性はまだまだこんなものではない――。NTTドコモのIoTビジネスの指揮を執る谷直樹執行役員はこう考え、IoTの各フェーズごとに立ちはだかる“壁”を乗り越えるためのソリューションに力を注ぐ。目指しているのは、働く人、暮らす人に寄り添うIoT。NTTドコモのIoTビジネス戦略を聞いた。

 
――NTTドコモのIoTビジネスを、2014年6月のM2Mビジネス部長への就任以来、リードされていますが、IoT市場のここ数年の歩みと現状について、どう見ていますか。

 我々は歴史的には20年近く前からIoT/M2M事業を行っていますが、やはり特筆すべきはここ数年の伸びです。回線契約数は、この5年間で3倍以上になりました。直近の数字を紹介しますと、900万回線くらいまで伸びています。

特に、大きく伸びている市場は3つあります。1つめが電力・ガスなどを含めたエネルギー関係、2つめが自動車関係です。自動車については、新車マーケットだけではなく、アフターマーケットも含めて確実に伸びてきています。そして、3つめが様々な産業機械をコネクテッド化していく市場です。

ただ、「大きく伸びている」とは言いましたが、IoTにはもっともっと可能性があると思っています。

例えば最近よく「デジタルトランスフォーメーション」ということが言われますよね。しかし、実際にデジタル化に着手できている企業は、まだまだ大企業が中心です。

一般社団法人 日本情報システム・ユーザ協会の「企業IT動向調査2018」によると、売上高1兆円以上の企業では70%超がデジタル化を実施済みです。これに対して、中小企業では十数%にとどまっています。IoTを活用してデジタルトランスフォーメーションを進める余地が、まだまだたくさんあるということです。

今も確実にIoTは伸びていますが、もっと工夫することで、さらに拡大していけると思っています。

谷直樹氏


IoTの課題を因数分解――どんな工夫が求められているのでしょうか。

 IoTによる価値創出フレームワークを整理すると、「コネクテッド化」「見える化」「最適化」「制御・自動化」「コラボレーション」という一連の仕組みの中で価値を創り出しているといえます。ただ、各フェーズの間には、乗り越えなければならない“壁”があります。

IoTの課題を因数分解していきましょう。まずPoC(概念実証)の段階であることも多い「コネクテッド化」のフェーズでは、デバイスを最適なネットワークに接続するための有スキル者が不足しているという課題があります。また、セキュリティへの不安も、IoT導入のハードルになっています。

デバイスをネットワークにつなぎ、データを収集し始めたら、次は「見える化」です。このフェーズでは、投資対効果が不透明、経営層の理解不足などの課題に直面します。

「見える化」で成果が出たら、さらなる価値向上のため、「最適化」や「制御・自動化」のフェーズへ進みます。「見える化」をIoTの“部分最適利用”だとすると、「最適化」や「制御・自動化」は複数のプロジェクトを連携/統合させた“全体最適利用”といえます。そのため、社内制度や組織の壁が課題となります。

1社での全体最適の次は、同業他社や関連業種とオープンに連携する「コラボレーション」のフェーズを目指します。ここでは競争領域と協調領域をどう分別するかなどの課題があります。

このようにIoTで価値を創出するにあたっては、各段階に壁が存在します。そこでドコモでは、こうしたIoTの壁を乗り越えるためのソリューションを提供し、IoT市場をもっと拡大していこうと考えています。

――具体的には、どんなソリューションを提供していますか。

 最初の「コネクテッド化」と「見える化」のフェーズにおいては、IoTを手っ取り早く導入できることが重要です。そのため我々は、LTE Cat.1、LTE-M、LoRaなど、ユースケースに合わせた適材適所のIoTネットワークを用意したうえで、IoTによる「見える化」を手軽に実現できる仕組みをいろいろ用意しています。

例えば、食品などの温湿度を常時監視できる「ACALA」、プライバシーに配慮した音響センサーによる見守りが可能な「リモートモニタリングサービス」などをパートナーと一緒に提供中です。また、トイレの利用回数やごみの堆積量を可視化する「清掃業務効率化ソリューション」、乾電池の電圧の変動を利用して離れて暮らす高齢者を見守る「MaBeeeソリューション」も提供に向けて準備中です。

これらはポッと置くだけで、すぐに使えるような仕組みです。IoTは、こういったものから始めてみることが大事です。

――ただ、IoTを試しに導入してみたものの、PoCで終わるケースは非常に多いようです。

 事前にしっかり目的を設定しないままIoTに取り組むと、PoCだけで終わる可能性が高くなります。PoCをやること自体が目的化しているようなケースも見られます。PoCをやる以上、KPIを明確に決めて定量的に評価することが重要です。その結果、「導入しない」と判断することは当然あるでしょう。しかし、導入しなかった理由を定量的に評価しておけば、次のステップに役立ちます。

「見える化」の壁を乗り越えたら、今度は「最適化」です。集めたデータを分析し、別の価値に転換していくフェーズです。

例えばドコモでは、振動センサーで工場設備の状態監視を行い、さらに収集したデータの分析により故障予兆を検知するソリューションなどを提供しています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

谷直樹(たに・なおき)氏

1989年日本電信電話入社。移動通信用交換機・サービス制御装置等の実用化開発、移動通信用ネットワークアーキテクチャ・通信制御方式の国際標準化に従事。その後、研究開発部門におけるDirectorとして、国際ローミングに関する技術交渉、国内外の研究開発連携等に従事。2011年7月から関西地域におけるネットワーク構築責任者として、LTEネットワークの構築拡大・品質向上に従事。2014年6月よりM2Mビジネス部長、2015年7月よりIoTビジネス部長として、IoT事業の推進を担当。2017年6月、執行役員

スペシャルトピックスPR

paloalto2007
microsoft2007
marubun2007

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G 中間報告

●先行5事例で見えてきた期待と課題 ●日本と違う独ローカル5GNTT東西のローカル5G ●ローカル5G制度の最新動向 ●ローカル5G普及を阻む4つの壁

[インタビュー]NICT ワイヤレスネットワーク総合研究センター長 寳迫巌氏「Society 5.0へ無線フル活用 テラヘルツ波は結構飛ぶ」 [ソリューション特集]ウェビナーに最適な配信サービスは?/セキュアテレワークの処方箋 【IoT×SDGs】Sigfoxで高齢化に負けない賃貸住宅 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

e-Janネットワークス「明日からテレワーク」。そんな急なニーズにも安心・安全に応える

テレワークをすばやく全社展開できる「Splashtop for CACHATTO」

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

アライドテレシスNWベンダーならではの脆弱性診断
セキュリティの第一歩はここから!

アライドテレシスなら簡単かつ安価に脆弱性診断ができる!

NTTコミュニケーションズ「ゼロトラストセキュリティ」へ
移行するための5つのポイント

脱・境界型セキュリティを図るための要点をNTT Comに聞いた。

IIJVPN逼迫やSaaSが遅い問題を解消!テレワーク環境整備を手軽に実現

Office 365等のSaaSが迫る企業NWの再設計にIIJのクラウドプロキシ!

ジュニパーネットワークスAIがUXを最大化するネットワーク
トラブル解決を自動運転で!

AIが自律的に障害対応するNWを
ジュニパーはすでに商用で安定稼働

レッドハット5G×コンテナ基盤×アプリを
エッジで自律運用

5G時代のNWインフラはエッジも自律運用できるクラウドネイティブへ

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ゼットスケーラーゼットスケーラーだからできる!
セキュリティとNWの脱・レガシー

オンプレミス非依存のセキュリティと、場所に囚われないNWアクセスを

NetskopeなぜNetskopeならテレワークが進むのか? 秘訣は一元制御にあり!

セキュリティが不安でテレワークが進まない。そんな悩みを簡単解消!

シエナシエナが800G光伝送のトビラ開く
1波長で400Gイーサ×2chを伝送

「800ギガが欲しい」。キャリアやクラウド事業者の声にいち早く応えた

リコーの「ITKeeper Meraki スマートサービス」テレワークは安定した接続環境から

一人情シスでも安心! テレワークを支える安定したネットワーク環境整備をリコーが支援

SigfoxLPWAの先頭集団を行くSigfox
約85万件の大規模導入も!

人口カバー率95%を超えたSigfox。最大の導入事例がニチガスだ。

丸文5G時代の差別化戦略を下支え!

5G時代到来でキャリア、クラウド事業者等が迫られているネットワーク変革の課題解決に注力する丸文

ハイテクインター2.5GHz帯プライベートLTEの
基地局を「100万円以下」で!

ハイテクインターは自営等BWA導入の全ステップをサポート

マクニカネットワークス脱純正トランシーバーでコスト削減
データセンター100G化に新選択肢

サードパーティ製の光トランシーバーでコスト抑制と自由度向上!

ZETAアライアンス“ビジネスになるLPWA”に101社が結集 市場創出に挑むZETA

弾みが付いてきた新興のLPWA規格、ZETA。その可能性を探った。

ガスミエールLPWAで安価にガス事業の効率化!

アズビル金門の「ガスミエール」でLPガス事業の業務効率化!LTE-Mにより遠隔から遮断・復帰も!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPAA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、“SD-WAN+α”のソリューションだ。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

decode2
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます