キーパーソンが語る

エッジコンピューティングサミット 2018 講演レポート

AIoTを実現する「エッジソリューション」とは?──アドバンテック矢島氏が講演

文◎中村仁美(ライター) 2019.01.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

産業用コンピュータの世界でトップクラスのシェアを誇るアドバンテック――。“Enabling an Intelligent Planet - インテリジェントプラネットの実現”をブランドミッションに掲げ、革新的なエッジソリューションにより、企業のAIoTの推進を強力に支援している。

 
アドバンテックは2010年より長期的なビジネスモデルを立案し、AIとIoTに取り組んでいる。

まず、2010年からフェーズ1で取り組んだのはオートメーションと組み込みプラットフォームの提供。2015年からはフェーズ2として、ソリューションレディパッケージ(SRP)を展開。そして今はフェーズ3に入っており、「統合されたSIerやソリューションプロバイダと共創による統合されたアプリケーションクラウドソリューションの提供に注力している」とアドバンテック エンベデッドIoTグループ プロダクトセールスマーケティングの矢島健一郎氏は語る。

アドバンテック エンベデッドIoTグループ プロダクトセールスマーケティング 矢島健一郎氏
アドバンテック エンベデッドIoTグループ
プロダクトセールスマーケティング 矢島健一郎氏



現在、エッジコンピュータには「データの取り込み」「クラウド連携」「分析・解析」という3つの要件が求められている。この3要件を満たすプラットフォームをアドバンテックでは開発・提供している。それが2017年にリリースした「Edge Intelligence Servers(EIS)」だ。

EISはエッジコンピュータ、WISE-PaaSソフトウェアパッケージ、IoTアプリケーション開発ツール、事前に構成済みのクラウドサービスを統合したIoTソリューションである。

「これを導入すれば、製造機械やモータ、センサ、PLCコントローラ、ロボットなどのデバイスとクラウドはもちろん、ERPやMESなどのエンタープライズシステムとも容易に連携できるようになる」(矢島氏)

エッジコンピュータ、WISE-PaaSソフトウェアパッケージ、IoTアプリケーション開発ツールと、事前に構成済みのクラウドサービスを統合して提供されるIoTソリューション
エッジコンピュータ、WISE-PaaSソフトウェアパッケージ、IoTアプリケーション開発ツールと、
事前に構成済みのクラウドサービスを統合して提供されるIoTソリューション



Edge Intelligence Servers(EIS)を構成するソリューション同ソリューションの詳しい仕組みについて矢島氏は解説を行った。

デバイスやセンサとの接続を実現するのが「WISE-PaaS/Agent」だ。産業用プロトコルとの接続機能やアナログやシリアルで吐き出されたデータを吸い上げ、データフォーマットを整えて出す機能、IoTアプリケーションを開発するためのSDKなどをパッケージ化したものだ。プロトコルの設定もユーティリティソフトが提供されているので、「容易に行える」と矢島氏は言う。

「WISE Agent」機能のほか、デバイスのリモートマネジメント、ソフトウェアアップデート、デバイスマネジメントなどをクラウド側で処理するための仕組みを提供するのが、「WISE-PaaS/EdgeSense」である。元々、デジタルサイネージや銀行のATMなど、無人で動いている装置をリモート監視するために開発されたソフトウェアをベースに、IoTの機能とセキュリティ機能を付加し、さらにそれを機能拡張したものだという。

「WISE-PaaS/EdgeSense」でデバイスマネジメント、ソフトウェアアップデートなどをクラウド側で処理を可能に
「WISE-PaaS/EdgeSense」でデバイスマネジメント、
ソフトウェアアップデートなどをクラウド側で処理を可能に



エッジインテリジェンスサーバとクラウドとの連携は、エッジインテリジェンスサーバに搭載されている「プロトコルコンバータ」が担当する。「エージェントを用意しており、デバイス、クラウド双方とスムーズに接続できるようになっている」と矢島氏。

連携するクラウドは「WISE-PaaS/EnSaaS」のほか、様々なユーザのニーズに応えられるようにMicrosoft Azure、AWSをサポート。「WISE-PaaS/EnSaaS」はマルチテナント、メータリング&課金サービス、弾性スケーリング、高可用性プラットフォームを備えたクラウドサービスイネーブラのためのデータサービスと環境を実現するエッジクラウド向けデータプラットフォームであり、例えばMicrosoft Azureの場合、IoT Hubを使ったデータのやり取り、Cosmos DB、Kubernetesなども活用できるようになっている。

デジタルサイネージや車や鉄道システムなど、特化した用途向けのアプリケーション・レディ・エッジコンピューティングシステムも用意している。

そして矢島氏は、「このようなソリューションを用意することでエッジコンピューティングを推進する。エッジコンピューティングの活用の先にあるAIoTにも注目し、それを支援できるソリューションの開発にも取り組んでいる」と語った。AIoTとは、AIとIoTの統合のことである。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttcom1906sp
saxa1906
NTTコムウェア1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます