キーパーソンが語る

エッジコンピューティングサミット 2018 講演レポート

AIoTを実現する「エッジソリューション」とは?──アドバンテック矢島氏が講演

文◎中村仁美(ライター) 2019.01.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

産業用コンピュータの世界でトップクラスのシェアを誇るアドバンテック――。“Enabling an Intelligent Planet - インテリジェントプラネットの実現”をブランドミッションに掲げ、革新的なエッジソリューションにより、企業のAIoTの推進を強力に支援している。

 
アドバンテックは2010年より長期的なビジネスモデルを立案し、AIとIoTに取り組んでいる。

まず、2010年からフェーズ1で取り組んだのはオートメーションと組み込みプラットフォームの提供。2015年からはフェーズ2として、ソリューションレディパッケージ(SRP)を展開。そして今はフェーズ3に入っており、「統合されたSIerやソリューションプロバイダと共創による統合されたアプリケーションクラウドソリューションの提供に注力している」とアドバンテック エンベデッドIoTグループ プロダクトセールスマーケティングの矢島健一郎氏は語る。

アドバンテック エンベデッドIoTグループ プロダクトセールスマーケティング 矢島健一郎氏
アドバンテック エンベデッドIoTグループ
プロダクトセールスマーケティング 矢島健一郎氏



現在、エッジコンピュータには「データの取り込み」「クラウド連携」「分析・解析」という3つの要件が求められている。この3要件を満たすプラットフォームをアドバンテックでは開発・提供している。それが2017年にリリースした「Edge Intelligence Servers(EIS)」だ。

EISはエッジコンピュータ、WISE-PaaSソフトウェアパッケージ、IoTアプリケーション開発ツール、事前に構成済みのクラウドサービスを統合したIoTソリューションである。

「これを導入すれば、製造機械やモータ、センサ、PLCコントローラ、ロボットなどのデバイスとクラウドはもちろん、ERPやMESなどのエンタープライズシステムとも容易に連携できるようになる」(矢島氏)

エッジコンピュータ、WISE-PaaSソフトウェアパッケージ、IoTアプリケーション開発ツールと、事前に構成済みのクラウドサービスを統合して提供されるIoTソリューション
エッジコンピュータ、WISE-PaaSソフトウェアパッケージ、IoTアプリケーション開発ツールと、
事前に構成済みのクラウドサービスを統合して提供されるIoTソリューション



Edge Intelligence Servers(EIS)を構成するソリューション同ソリューションの詳しい仕組みについて矢島氏は解説を行った。

デバイスやセンサとの接続を実現するのが「WISE-PaaS/Agent」だ。産業用プロトコルとの接続機能やアナログやシリアルで吐き出されたデータを吸い上げ、データフォーマットを整えて出す機能、IoTアプリケーションを開発するためのSDKなどをパッケージ化したものだ。プロトコルの設定もユーティリティソフトが提供されているので、「容易に行える」と矢島氏は言う。

「WISE Agent」機能のほか、デバイスのリモートマネジメント、ソフトウェアアップデート、デバイスマネジメントなどをクラウド側で処理するための仕組みを提供するのが、「WISE-PaaS/EdgeSense」である。元々、デジタルサイネージや銀行のATMなど、無人で動いている装置をリモート監視するために開発されたソフトウェアをベースに、IoTの機能とセキュリティ機能を付加し、さらにそれを機能拡張したものだという。

「WISE-PaaS/EdgeSense」でデバイスマネジメント、ソフトウェアアップデートなどをクラウド側で処理を可能に
「WISE-PaaS/EdgeSense」でデバイスマネジメント、
ソフトウェアアップデートなどをクラウド側で処理を可能に



エッジインテリジェンスサーバとクラウドとの連携は、エッジインテリジェンスサーバに搭載されている「プロトコルコンバータ」が担当する。「エージェントを用意しており、デバイス、クラウド双方とスムーズに接続できるようになっている」と矢島氏。

連携するクラウドは「WISE-PaaS/EnSaaS」のほか、様々なユーザのニーズに応えられるようにMicrosoft Azure、AWSをサポート。「WISE-PaaS/EnSaaS」はマルチテナント、メータリング&課金サービス、弾性スケーリング、高可用性プラットフォームを備えたクラウドサービスイネーブラのためのデータサービスと環境を実現するエッジクラウド向けデータプラットフォームであり、例えばMicrosoft Azureの場合、IoT Hubを使ったデータのやり取り、Cosmos DB、Kubernetesなども活用できるようになっている。

デジタルサイネージや車や鉄道システムなど、特化した用途向けのアプリケーション・レディ・エッジコンピューティングシステムも用意している。

そして矢島氏は、「このようなソリューションを用意することでエッジコンピューティングを推進する。エッジコンピューティングの活用の先にあるAIoTにも注目し、それを支援できるソリューションの開発にも取り組んでいる」と語った。AIoTとは、AIとIoTの統合のことである。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

mobile1910
extreme1910
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G、IoTと超高齢社会
<Part1>ローカル5Gで農業革命 <Part2>救急医療×5Gで命救う <Part3>MaaSで支える高齢社会 <Part4>ドコモが目指すSDGs
<Part5>障がい者は「先駆者」

●[インタビュー] 富士通 執行役員常務 松本端午氏「5G時代の新価値をトータル提供。インフラだけでは投資回収できない」 ●FMC対応クラウドPBX本格普及へ ●失敗しないISDN/PHS移行 ●ローカル5Gで「独走」目指すエイビット ●KDDIがHW/SW分離型ルーターを内製 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

アクセスランキング

tc1904
banner27

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます