ICT×未来

[特集]エッジコンピューティング最新案内

モバイルキャリアが5G時代に描く「エッジコンピューティング活用」

文◎村上麻里子(編集部) 2018.11.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

5GとMECを活用したVRのデモ風景
(ソフトバンクの「5G×IoT Studio」)

5Gの特徴を活かしたサービスの創出には、分散データ処理や低遅延応答を実現するエッジコンピューティングの活用が不可欠だ。具体的に動き始めたNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に話を聞いた。

 
2020年の5G(第5世代移動通信システム)商用サービス開始を前に、モバイルキャリア各社がエッジコンピューティングへの取り組みを本格化している。

エッジコンピューティングとは、端末の近く(エッジ)に設置したサーバーを使い、ローカルに閉じたかたちで通信処理やデータ処理を行う技術のこと。その主な特徴として、(1)超低遅延、(2)高セキュリティ、(3)伝送コストの削減がある。

自動走行や遠隔制御、あるいは膨大なデータを扱うIoTサービスなど、5Gならではのサービスの実現にあたっては、こうした特徴を持つエッジコンピューティングとの連携が重要なカギを握ると見られ、モバイルキャリア各社は力を入れているのだ。

ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの国内モバイルキャリア3社は、エッジコンピューティングを活用し、具体的にどのようなサービスを提供しようと考えているのだろうか。

 

図表1 エッジコンピューティング技術のイメージ
図表1 エッジコンピューティング技術のイメージ


東京五輪で新たな観戦スタイル最も早期に実現する可能性が高いのが、特定エリアに限定されたサービスだ。

一例として、スタジアムで行われている試合のリアルタイム映像や選手情報の配信がある。スタジアムにいる観客に配信するには、いったんクラウドを経由するよりも、エッジで処理した方が遅延は少なく、トラフィックの伝送コストも抑制できる。

大容量トラフィックの伝送と処理を特定のエリア内で完結させるという意味から、NTTドコモ 先進技術研究所 スマートICT基盤研究グループ主幹研究員の岩科滋氏は「トラフィックの地産地消」と表現する。

NTTドコモ 先進技術研究所 スマートICT基盤研究グループ 主幹研究員 岩科滋氏
NTTドコモ 先進技術研究所 スマートICT基盤研究グループ 主幹研究員 岩科滋氏



モバイルキャリア各社は、自席以外の多視点からの観戦を可能にしたり、スタジアム周辺にいる人にもあたかもスタジアムにいるかのような体験を提供するなど、新たなスポーツ観戦スタイルの実現に向けて、5Gを活用した実証実験を行っている。

その1つに、VRによる高臨場感観戦がある。VRコンテンツの視聴にはヘッドマウントディスプレイやスマートフォン/タブレットが使われるが、その映像処理能力には限界がある。そこでエッジコンピューティングを活用するのだ。「お客様に十分満足していただくには高精細なVR映像にポータビリティは不可欠であり、そのためにはモバイルネットワークのエッジに処理をオフロードすることが必要になる」とソフトバンク 先端技術開発本部 先端事業企画部 部長の船吉秀人氏は話す。

(左から)ソフトバンク先端技術開発本部 先端事業企画部 部長の船吉秀人氏、先端技術開発本部 先端事業企画部 課長の山田大輔氏
(左から)ソフトバンク先端技術開発本部 先端事業企画部 部長の船吉秀人氏、
先端技術開発本部 先端事業企画部 課長の山田大輔氏



モバイルキャリア各社は5Gが始まる2020年を目途に、こうしたサービスの実用化を目指している。東京オリンピック・パラリンピックでは、会場となるスタジアムに限定した形となるかもしれないが、新たなスポーツ観戦スタイルが楽しめる可能性が高い。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます