ICT×未来

「窓の基地局化」にドコモとAGCが世界初成功、2019年から商用展開

文◎太田智晴(編集部) 2018.11.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トラフィック急増に対処するため、携帯電話キャリア各社は基地局の「スモールセル化」に力を入れている。課題はアンテナの設置場所だが、NTTドコモとAGCが“解決策”を共同開発した。既存の窓に貼り付けられる、透明のガラスアンテナである。5Gに向けて、ビルの窓に大量のアンテナが取り付けられる時代がやってくるかもしれない。

 
「世界初となるガラスアンテナだ。ビルの窓ガラスに貼ることによって、街や建物の景観を損なうことなく、エリア化できる」(NTTドコモ 無線アクセスネットワーク部長の小林宏氏)。

NTTドコモとAGCは2018年11月7日、既存の窓ガラスの室内側に貼り付けられる、世界初となる電波送受信が可能なガラスアンテナを共同開発したと発表した。2019年の春に都内から商用サービスを開始し、全国展開を目指す方針だ。

窓越しの女性の上に取り付けられているのがガラスアンテナ
窓越しの女性の上に取り付けられているのがガラスアンテナ



携帯電話キャリアは急増するトラフィックに対応するため、都市部を中心にスモールセルの構築に注力している。アンテナをビルの屋上などの高層に設置すると目的のエリアが広くなるため、ビルの側面などの中低階層に取り付けたほうが効果的にスモールセルを構築できるが、「景観を理由に(ビルの管理者などから基地局設置の)許可をいただけないという課題があった」とNTTドコモ 無線アクセスネットワーク部 無線企画・無線技術担当課長の勝山幸人氏は説明する。

そこでドコモの場合、建物の室内にアンテナを設置する試みも進めたが、今度は「室内のデザインを損なう、電波が減衰する」(勝山氏)という課題に突き当たっていたそうだ。

スモールセル構築における課題
スモールセル構築における課題



そうしたなか、世界最大のガラスメーカーで、今年8月に旭硝子から社名変更したAGCから、ガラスアンテナの共同開発の提案があったという。

AGC ビルディング・産業ガラスカンパニー アジア事業本部長の武田雅宏氏は、「ガラスは建物の顔であり、街の顔。その窓ガラスに断熱や省エネ、防犯などの付加価値をつけていくことが私たちビルディング・産業ガラスカンパニーの仕事だが、新しい貢献ができた」と語った。

また、ドコモの小林氏は「ドコモ単独では、こうしたガラスアンテナは開発できなかった」と話した。

(左から)NTTドコモ 無線アクセスネットワーク部長の小林宏氏、AGC ビルディング・産業ガラスカンパニー アジア事業本部長の武田雅宏氏
(左から)NTTドコモ 無線アクセスネットワーク部長の小林宏氏、
AGC ビルディング・産業ガラスカンパニー アジア事業本部長の武田雅宏氏


AGCの独自工法で窓に貼り付け、電波の透過性を高める新技術今回開発したガラスアンテナは、既存の窓ガラスの室内側に貼り付けて利用する。無線機は、天井裏に設置することを想定しており、ガラスアンテナと無線機の間はケーブルで接続する。

ガラスアンテナ
ガラスアンテナの左上に見えるのが、天井裏にある無線機との接続ケーブル



透明なのでビルの景観や室内デザインを損なわないだけではなく、既存の窓ガラスを通過する際の電波の減衰・反射を抑える機能も備えている。新開発した「Glass Interface Layer(GIL)」だ。

「GILにより、ガラスを透過させる力を強めている。窓の種類に合わせて、最適なGILのパターンを選択することが可能だ」とAGC ビルディング・産業ガラスカンパニー アジア事業本部 日本事業部 法人営業グループリーダーの岡賢太郎氏は紹介した。

電波の減衰・反射を抑える「Glass Interface Layer(GIL)」の概要
電波の減衰・反射を抑える「Glass Interface Layer(GIL)」の概要



また、「アトッチ工法」も特徴となっている。窓の表面にさらにガラスを貼り付けられる、AGCの独自工法だ。これにより、既存の窓はそのままに、ガラスアンテナを貼り付けることが可能になっている。

AGCの独自工法である「アトッチ工法」を活用
AGCの独自工法である「アトッチ工法」を活用

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

soltec1811
necm1811
hytec1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます