調査データ

国内クラウドセキュリティ対策市場、2017年の市場規模は96億円

文◎business network.jp編集部 2018.11.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは2018年11月1日、国内クラウドセキュリティ市場予測を発表した。

IDCは、パブリッククラウド環境向けのセキュリティ対策製品市場を国内クラウドセキュリティ市場と定義しており、クラウドシングルサインオン、クラウドセキュリティゲートウェイ、その他クラウドセキュリティの3つの機能セグメントに分類している。

これによると、2017年の国内クラウドセキュリティ市場は、前年比19.7%増の96億円だった。2017~2022年の年間平均成長率(CAGR)は18.0%で、2022年に市場規模は220億円に拡大する見通しだ。

パブリッククラウド上のITリソースを保護する目的としてクラウドシングルサインオンへの需要が引き続き高い。また、シャドーIT対策やローカルブレイクアウトでのセキュリティ対策として有効なクラウドゲートウェイについては、急速に需要が拡大する見込みで、2017~2022年のCAGRを37.2%と予測している。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏は次のようにコメントしている。

「パブリッククラウドの利用でのデータガバナンスを向上させるためには、パブリッククラウド上に展開されているデータへのアクセスコントロールやアクセスしているユーザーの挙動分析、データを扱っているアプリケーションの稼働監視などのパブリッククラウド環境に対するセキュリティソリューションが有効であるとIDCは考える。そのため、セキュリティ製品サプライヤーは、パブリッククラウド利用におけるセキュリティの強化だけでなく、データガバナンスの向上対策としてもクラウドセキュリティソリューションを訴求すべきである」

 

国内クラウドセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測
国内クラウドセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます