ニュース

sXGPのフィールド試験、BBバックボーンが10月から開始

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.09.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ビー・ビー・バックボーン(以下、BBバックボーン)は、2018年9月21日に都内で開催したプライベートイベントで、10月からNEGや富士通などとsXGPのフィールド試験を実施すると明らかにした。

sXGPは、事業所用コードレスで用いられる自営PHSの後継となるLTEベースの自営無線システム。技術基準適合証明を取得すれば、市販のLTEスマートフォンの多くがsXGP事業所コードレスの子機として利用できる。BBバックボーンでは、PBX大手5社と提携し、sXGP端末向けのMVNOサービスなどを展開する計画だ。

BBバックボーンは、すでにsXGPの伝送試験を実施しており、10月から行うのは商用環境でのフィールド試験。取締役副社長兼COOの戸坂豪臣氏はsXGPの今後の展開について、「sXGPは事業所コードレスの後継として始まるが、業務効率化ソリューションや、IoTでの利用など高度化を推進していきたい」と意欲を見せた。

フィールド試験は、BBバックボーンがパートナーであるPBXベンダーなどと協同で行うもので、NECは玉川事業所の実験棟とオフィス棟の一部フロアの自営PHSをsXGPに置き換え、運用性の確認なども行う。

NECはsXGP関連ビジネスとして、IP-PBXとともにスマートフォン向けの業務アプリケーションにも力を入れていくという。

富士通は、IP-PBXに加えて、sXGPの運用に必要となる仮想化コア(vEPC)に注力する。講演では、通信網に高い信頼性を求める医療機関や鉄道事業者などのニーズを踏まえ、二重化構成のvEPCソリューションをアピールした。

NECと富士通は、フィールド試験の結果を検証し、2019年度にsXGPの展開を本格化させる考えだ。

今回のフィールド試験には、Accuverが開発したsXGP基地局「SC-120J」が用いられる。Accuverは、国内外の通信事業者に小型LTE基地局を提供しており、累計出荷数は10万台を超える。同社によれば「SC-120JはsXGP基地局で初めてARIB(電波産業会)の規格に準拠したもの。すでに技術基準適合証明も取得している」という。SC-120Jは、1基地局に16台の端末が同時接続可能だ。

Accuverが開発した初のARIB規格に準拠したsXGP基地局「SC-120J」
Accuverが開発した初のARIB規格に準拠したsXGP基地局「SC-120J」



BBバックボーンでは今後、ユーザー企業が参加する形でのトライアルも計画している。

医療現場における無線システムの安全な利用をテーマに講演した滋慶医療科学大学院大学(大阪市)の加納隆医療管理学研究科教授は、sXGPについて「専用の帯域を使うため、Wi-Fiより安定した通信が期待できる」と評価。そのうえで、医療機器の通信での利用を想定した実証試験を、埼玉医科大学で行う考えを明らかにした。

スペシャルトピックスPR

tcloud
ntttx1901
hitachi1901

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます