ニュース

キャンパスLANもオープン化へ、Dell EMCがネットワーク事業で新施策

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.09.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「オープンネットワーキング」を掲げて、ハード/ソフト分離型のネットワークソリューションを展開するDell EMCが2018年8月31日に記者説明会を開催した。ネットワークのオープン化をさらに促進するための新施策を発表。これまでデータセンターネットワークが主軸だったビジネス領域をキャンパスLANにも広げる。


「我々が『オープンネットワーキング』を始めて、もう4年。ようやくお客様がそのメリットを享受するようになってきた」

オープン・ネットワーク事業(兼)サービス・プロバイダ事業 事業部長を務める西澤均氏は、Dell EMCのネットワーク事業の現状についてそう切り出した。

同社のいうオープンネットワーキングとは、スイッチやルーター等のネットワーク機器を構成するハードウェアとソフトウェアを分離し、ユーザーが目的や用途に応じて組み合わせて導入・運用できるようにすることだ。ハードとソフトが一体型で提供される従来型のネットワーク機器に比べて、ユーザーは多くの選択肢を持つことができ、コスト最適化しやすくなるなどのメリットがある。


Dell EMCはハード/ソフト分離型の「オープンネットワーキング」を提唱している


Dell EMCは2014年から、このオープンネットワーキングのモデルを体現する製品を、データセンターネットワーク向けに展開してきた。現在、ソフトウェアとしてはオープンソース「Open Switch」をベースとした「OS9」「OS10」を提供。ハードウェアについては、他社のネットワークOS/ソフトウェアもサポートするスイッチ製品「Zシリーズ」「Sシリーズ」等を販売している。

また、データセンター以外のいわゆる“キャンパスLAN”向けにもスイッチ製品「Nシリーズ」を用意。これらの製品群と、パートナーシップを組むBig Switch NetworksやCumulus Networks等のOS/ソフトウェアを組み合わせて、ネットワークのオープン化を進めるというのがDell EMCの戦略だ。



デル オープン・ネットワーク事業(兼)サービス・プロバイダ事業 事業部長を務める西澤均氏(左)と、
インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 ネットワーク事業部 シニアシステムズエンジニアの佐々木亮氏


西澤氏によれば、データセンター領域ではビジネスが順調に伸びているようだ。「データセンター向けネットワークの業界は、年に十数%で伸びているが、我々の成長はそれを遥かに上回る。今後もさらに伸びると見ており、投資を継続していく」。

「ほしい機能だけ」使える新モデル

ガートナーの予測によれば、オープンネットワーキングの市場規模は今後3年間で83億米ドル、8000億円超にも達する見込みだという。

Dell EMCはこの成長にさらに弾みをつけるため、新たな施策を打ち出した。ネットワークOS「OS10」の提供形態に新たなモデルを用意する。

これまでOS10の提供モデルは下の図表に示す2種類があった。



これまでのOS10の提供モデル


1つは、オープンソースであるOpen SwitchにDell EMCのサポートを付けて無償提供する「OS10 Open Edition」。低コストに利用できる反面、例えばL3ネットワーキングやMPLSといったネットワーク機能はユーザー自ら開発したり、他のソフトウェアを組み合わせる必要がある。

もう1つは、OS10 Open Editionに基本的なネットワーク機能をパッケージングして提供する「OS10 Enterprise Edition」だ。予め“よく使う”機能が備わっているので、Open Editionに比べて低リスクに利用できる。

ただし、Enterprise Editionの場合、「お客様は使わない機能にまでコストを払うことになるので無駄が生じる。これをなんとかしてほしいという声が上がっていた」とネットワーク事業部 シニアシステムズエンジニアの佐々木亮氏は話す。このニーズに応えるのが、下の図表に示した新モデルだ。



OS10の新モデル。ユーザーが使いたい機能を選別して導入できる


新モデルは、OS10と組み合わせて提供する機能を細分化し、“目的別パッケージ”のようなかたちで提供するもので、「L3ネットワーキング」「マルチキャスト」「インターコネクト」「MPLS」の各パッケージを提供する。ユーザーは、「必要な機能だけパッケージとして買える」(佐々木氏)わけだ。

スペシャルトピックスPR

zeta1903
sonet1903
rakus1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークス「ワイヤレスジャパン」に出展!
Wi-FiとIoTをAIが自動で管理

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます