企業ネットワーク最前線

次世代ネットワーク監視「Telemetry」徹底解説(最終回)

Telemetryの使い方[実践編]

文◎井上勝晴、HADI SHAIKH ZAKER、片野祐(ネットワンシステムズ) 2018.08.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

本連載では、ネットワークインフラの監視における「次世代SNMP」の位置づけとして注目を集める「Telemetry」について、具体的な使い方も交えながら解説します。最終回は「Telemetryの使い方(実践編)」として、実環境への適用を想定したTelemetryデータ収集基盤の全体像やネットワークインフラの可視化、ビッグデータ解析による予兆検知をご紹介します。

 
前回までは、ネットワークインフラからのTelemetry情報の収集にフォーカスしてお伝えしました。

第1回:SNMPの課題とTelemetry登場の背景
第2回:Telemetryの使い方[初級編]

この先は、「収集したデータをいかにして課題解決に向けて活用できるか」を検討する必要があります。例えば、収集したデータの可視化や、異常の検知、さらには異常の検知をトリガーとした通知やネットワーク機器の設定変更自動化などです。

このような使い方を実現するためには、Telemetry情報の発信源となるネットワーク機器やTelemetry情報の収集側となるTelemetryコレクターに加えて、様々なコンポーネントの連携を考える必要があります。

今回は、Telemetryを用いて得られるデータを使って自律型ネットワークを作ることを例に挙げます。その中で、必要なコンポーネントを紹介しつつ、SNMPではなくTelemetryを使うことで得られるメリットを紹介します。

自律型ネットワークの全体像今後目指すべきネットワーク像として、障害からの復旧や最適化を自動的に行う“自律型ネットワーク”を例に挙げます(図表1)。

 

図表1 将来的な全体像
図表1 将来的な全体像


このような自律型ネットワークに、大きく分けて①ネットワーク機器、②データ収集基盤、③ワークフローエンジンの3つのコンポーネントがあります。

これらのコンポーネントの中で、

・ネットワーク機器からデータを収集する
・収集したデータから機器の状態を分析して、ワークフローエンジンにインプットする
・適切な状態になるようなコンフィグをネットワーク機器に投入する
・コンフィグ修正後のネットワーク機器のデータを収集基盤に送信する

というClosed loopを回すことで、常に現在の状況を監視し、人間の手を介さず最適なネットワークを維持することができます。

また、収集したデータから障害や機器故障の予兆が検知できれば、障害の未然防止や、機器の予防交換のようなプロアクティブな対応をとることができます。

単に定期的な機器の予防交換だと、まだ使える機器を交換してしまったり、交換する前に機器が故障してインフラやサービスに影響が出てしまったりといったことが考えられます。しかし、機器の故障の予兆を検知し、故障までの猶予期間がわかれば、余裕を持った計画的な機器交換を行うことができます。

Telemetryを使ったデータ収集基盤を用意し活用することで、このようにサービスの継続性や保守の観点で、「Time Based Maintenance」の保全方式から「Condition Based Maintenance」に変えることが可能と考えられます(図表2)。

 

図表2 機械学習を用いた将来の値の予測
図表2 機械学習を用いた将来の値の予測

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
moconavi1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます