導入・選定ガイド

ISDN&PHSの移行戦略「DX実現の好機にせよ!」

文◎村上麻里子(編集部) 2018.08.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2020年以降、ISDNとPHSが相次いでサービスを終了する。その影響は小さくないが、マイグレーションするだけではもったいない。デジタルトランスフォーメーションを推進する好機ともなりうるからだ。

 
固定電話のIP網への移行に伴い、NTT東日本/西日本(以下、NTT東西)が提供するISDNの「INSネットディジタル通信モード」が2024年1月に終了する(図表1)。

 

図表1 ISDNマイグレーションのロードマップ
図表1 ISDNマイグレーションのロードマップ


ADSLや光回線への移行が進むコンシューマー市場ではすでに過去の遺産となっているISDNだが、「カバーエリアの広さ」「帯域保証型」「低コスト」「開通期間の短さ」から、法人市場では今も現役として活躍している。金融や商取引など企業間の重要データのやり取りに使っている業種もあり、サービス終了の影響は決して小さくない。

モバイルでは、現在ソフトバンクグループだけが提供しているPHSが、テレメタリングプランを除いたすべてのサービスを2020年7月末に終了する。

「低コスト」「低消費電力」「導入の容易さ」といった特徴を持つPHSは、モノとモノの通信がM2Mと呼ばれていた時代から遠隔監視などに使われており、法人市場におけるシェアは今なお高い。

ISDNやPHSを活用している企業は、このマイグレーションにどのように対応すべきなのか。ここからは代替策も含め、企業の取るべき戦略を考えてみたい。

ISDNの移行戦略NTT東によると、INSネットの回線数は約220万回線となっており、その9割の約197万回線(約44万ユーザー)が法人ユーザーだ。これまで約74万回線の法人ユーザーに対し個別訪問等によるINSネット ディジタル通信モードの終了に関する説明を行っており、利用が確認できた場合には代替案を提案している。

INSネット ディジタル通信モードの主な用途には、POS(販売情報管理システム)、CAT(信用照会端末)、企業のEB(電子バンキング)、EDI(電子商取引)、銀行ATMなどがある。なかでもPOSやCAT、EDIはINSネットの利用が多い分野だ。

いずれも重要データを取り扱うため、安定した通信が行える光回線への移行をNTT東では推奨している。

POSを例に取ると、センターと店舗間をINSネットの代わりに、インターネットを経由して「フレッツ光」で接続する。端末もインターネット対応のものに替えることで対応する(図表2)。

 

図表2 ディジタル通信モードの主な利用用途と移行事例[画像をクリックで拡大]
図表2 ディジタル通信モードの主な利用用途と移行事例


NTT東 ビジネス開発本部 第一部門 ネットワークサービス担当 担当課長の山内健雅氏は「業界ごとに推奨されている方式を我々も把握しながらご提案するようにしている」と話す。ディジタル通信モードの終了によって企業が影響を受けるかどうかをまず検討し、影響を受ける場合には、原則として業界の標準方式に沿った移行を提案している。

例えば、給与の振込や決済に使われる企業のEB(電子バンキング)の場合、全国銀行協会では「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」を制定し、広域IP網の使用を推奨している。また、警備端末とセンターをつなぐネットワークについては、警備会社のシステムと相手方の接続方法が多岐にわたることから、警備会社ごとの代替策を取る。

このように、業種ごとに適した代替策が異なるため、NTT東では業界団体と連携しながら対応する方針だ。

NTT東日本 ビジネス開発本部 第一部門 ネットワークサービス担当 担当課長の山内健雅氏
NTT東日本 ビジネス開発本部 第一部門
ネットワークサービス担当 担当課長の山内健雅氏



一方、業種に関係なく企業ごとに独自の代替策を取ることができるのが、企業内WANとしての用途だ。フレッツ光以外にも、イーサネットなどの専用線が選択肢となっている。バックアップ回線として使われている場合には、無線に移行する企業もあるという。

また、ラジオ放送の屋外中継のように、光回線の敷設が難しい場所では、NTT東西としても敷設可能となるよう工夫検討を行ったり、他の用途では無線と光を併用することになる。

ただ、全体として見ると、INSネットから無線に移行するケースはまだ少ない。ディジタル通信モードの終了を前に、各社から無線を活用した様々な移行ソリューションが提供されているが、「これまでがINSネットだったこともあり、引き続き固定回線を使いたいと考えるお客様が多い」(山内氏)。多少コストがかかっても、安定した接続を重視する目的から、無線ではなく固定回線を選ぶ傾向にあるという。

ネットワークの見直しでコスト削減INSネットのマイグレーションが必要な企業にとっては、代替策の選定以外にも、いくつかの課題がある。

まず、移行に伴い、切り替え費用が発生することだ。中小企業など設備投資に余裕のない企業では移行の足かせとなりかねない。とはいえ、企業を個別に訪問してみると、INSネットの導入時とはIT管理者がすでに代わり、INSネットが使われないまま放置されているといったこともあり、ネットワーク構成を見直し、コスト削減につながる事例もあるという。

また、法人は取引先などと通信を行うため相手方と仕様を揃える必要があり、拠点単独での判断・移行が難しい。業界団体が推奨する方式に従う企業が多いのは、他社と足並みを揃える目的もあるようだ。

企業のシステムは一定期間ごとに更改の時期を迎える。ネットワークだけを新しくするのではなく、システム更改のタイミングに合わせてシステム全体を新しくすることで、「企業は、INSネットからの移行を自社のデジタルトランスフォーメーション実現のきっかけにしてほしい。我々もそのためのお手伝いをしたい」と山内氏は語る。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nvidiamacnica2101
asahinet2101
ciena2011

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2021

 ●2021年の5Gを占う ●LPWAは独自路線で成長 ●Wi-Fiに3つの新規格
 ●光400/800G時代が幕開け ●衛星通信が爆発的普及?
 ●5Gがクルマの定義変える ●2021年は“CNF元年”に

インタビュー富士通 執行役員常務 水野晋吾氏「5G海外攻勢の足場づくり着々 バーチャルMNOが今後重要に」
【ソリューション特集】SASEで実現するゼロトラスト/Web会議周辺機器
●ドコモが新資格「5Gマスター」 ●IoT住宅もニューノーマルへ ●北俊一の最強のケータイ業界への道

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ企業の現状を踏まえた
ゼロトラスト環境を実現

NTT Comの「SASEソリューション」は課題を一挙に解決する。

IIJグローバルソリューションズSASEを導入しながら
通信速度を20倍に!

Cato Cloudがグローバル企業のビジネスを加速させる。

ゼンハイザージャパンWeb会議の音声を明瞭に届ける!
独自機能で話者を自動追尾

Web会議のニューノーマルとして注目の天井常設シーリングマイク!

エヌビディアGPUとDPUで飛躍する5G

エヌビディアが、5Gネットワークの展開を大きく加速させる2つのソリューションを発表した

ゼットスケーラークラウドネイティブなSASEで
レガシーなIT環境から脱却

新しい働き方へ、セキュリティとネットワークを着実に変革できる。

パロアルトネットワークス「最も」包括的なSASEを柔軟に導入

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社真のゼロトラストアクセスを実現
「他製品連携」で効率的にSASEを

既存環境を大きく変えることなく移行できる次世代セキュアアクセス!

PSI/パイオリンク日本よ、攻勢の防御策を持つべし PSIが見つけたセキュリティスイッチ

日本の商社と韓国セキュリティベンダーが出会い生まれたシナジーとは

ベンキューAndroid内蔵で即座にプレゼン開始
「PCレス」なWeb会議も実現する

Android 6.0を搭載した“スマートな”プロジェクター「EW800ST」

ジュニパーネットワークスジュニパーが解説する
「SD-WAN導入のポイント」

ますます注目のSD-WAN。自社にとって最適なSD-WANは何だろうか?

ジュニパーネットワークスこれからのネットワーク運用に
なぜAIが必要なのか

ジュニパーがイベント開催!主要テーマの1つがAIによる運用自動化だ。

エヌビディアエヌビディアが目指すネットワークの未来像

メラノックスとキュムラスを買収し、NW事業を強化した狙いとは?

マクニカ“非純正”光トランシーバーを
朝日ネットが選んだ2つの理由

トランシーバーは純正品を使うという“常識”は、もはや過去のもの。

ソフトバンククラウドPBXとFMCをワンストップ
withコロナ時代の電話の課題解決!

ソフトバンクのConnecTalkでリモートワークの会社電話の悩み解消。

レンジャーシステムズローカル5G導入するならレンジャー
国内初のSA構成の免許取得も支援!

ローカル5Gの「本命」SA構成の免許取得はじめワンストップ導入支援。

マクニカIP化で“新しい放送”の世界
NVIDIAの新技術が導く未来とは?

IP化がもたらす放送の未来についてマクニカとエヌビディアが語った。

CASO複数SIMで切れないモバイル通信!
映像伝送から産業用まで幅広く対応

独自技術「Speed Fusion」で、安定して切れない、高速モバイル通信!

ネットギア業務用AVのIP化は「SDVoE」

大規模なデジタルサイネージや
ビデオウォール等への映像配信を、
もっと低コスト・シンプルに!

LANが届かない、電源がない──。
映像伝送の「困った」を解決!

IP監視カメラの設置を諦めていた企業に朗報!

NTTコムウェアスマホの中に会社の電話機が入り
テレワークでも固定電話に対応!

テレワーク時の電話対応をどうすれば? クラウドPBXで解決だ!

マクニカネットワークス株式会社/Actility S.AIoTで勘や記憶に頼らないコロナ対策

IoTによる換気と接触の見える化で、データに基づいた「3密回避」が簡単に実現できる。

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます