調査データ

SDNは「3強+その他」、IDC Japanが国内SDN市場シェアを発表

文◎business network.jp編集部 2018.08.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは2018年8月16日、国内SDN(Software-Defined Network)市場に関するベンダーシェアを発表した。これによると、ヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECが抜きん出ており、「3強+その他」という市場構造になっていることが分かった。

IDCでは、SDN市場の主要構成要素であるSDNコントローラー市場を、ソフトウェアライセンスとして提供されるNVO(Network Virtualization Overlay)ソフトウェアとSDNコントローラーアプライアンスに分けて分析している。

2017年の国内NVOソフトウェア市場において、70%以上のシェアを獲得して「一人勝ちと言える状況」(IDC)となったのはヴイエムウェアだ。

IDCはヴイエムウェアがSDN市場の初期参入ベンダーの中で、最も成功したベンダーとして勝ち残った戦略上の理由について、「強固なサーバー仮想化の顧客基盤」「データセンター自動化の過程への適切な位置付け」「マイクロセグメンテーションという武器」の3つを挙げている。

一方、国内SDNコントローラーアプライアンス市場は、シスコシステムズとNECが2大ベンダーとして市場を牽引し、シェアを2社で分け合う状況だ。

シスコシステムズは、データセンターSDNの「Cisco ACI」が2017年の成長を牽引した。データセンターネットワークにおける強固なインストールベースを、SDNソリューションの展開にもうまく活用しているという。IDCでは、データセンター向けイーサネットスイッチに対する高いロイヤルティと、ACIの持つポリシーの一貫性やデプロイメントの容易さが評価されていると分析している。

NECは、最初にSDN製品を市場に投入したベンダーの1社で、国内SDN市場、特に企業ネットワークSDN市場を牽引してきた。同社のSDNソリューションは、企業ネットワークを中心に、マルチテナントネットワーク仮想化やセキュリティ防御を得意領域としている。2017年は、「自治体ネットワーク強靭化」に伴う需要増加に加えて、製造業の次世代工場ネットワークソリューションなどの新たな領域に展開し、着実に実績を上げてきているとのこと。

成長を続けるSDN市場だが、IDCによると市場はSDNを超えて、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の柔軟性や迅速性を実現する次世代ネットワークを求め始めているという。

IDC Japanの草野賢一氏は「SDNベンダーは、SDNコントローラー中心のネットワークソリューションポートフォリオは、時代遅れになっていると認識すべきである。DX時代に求められる「次世代ネットワーク」という旗印の下で、現在のSDN技術に加えて、クラウド管理型ネットワークやAI(Artificial Intelligence)を活用したネットワークソリューションを早急に再構築すべきである」と解説した。

 

国内NVOソフトウェア市場/SDNコントローラーアプライアンス市場 ベンダー別分析
国内NVOソフトウェア市場/SDNコントローラーアプライアンス市場 ベンダー別分析

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます