企業ネットワーク最前線

「AWS」に学ぶ!ネットワーク構築・運用法

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.08.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

190カ国で100万を超えるユーザーが利用するAWS(Amazon Web Services)。このクラウドサービスを支えるネットワークインフラはどのように進化してきたのか。その技術要素をレポートする。

 
ネットワーク仮想化とオープン化によって、ネットワークの構築・運用法は劇的に変わる。ユーザー企業は、ベンダーや通信キャリアが提供する製品/サービスをただ使うのではなく、「必要な機能を必要な分だけ」使う、さらには「要件に合うものが市場になければ自ら作る」という新たな選択肢を手にすることになる。

それを体現しているのが北米のハイパースケールクラウドプロバイダーだ。

その1社であるアマゾンが5月末、AWSの最新動向を紹介するイベント「AWS Summit Tokyo 2018」を開催。アマゾン ウェブサービス ジャパン 技術統括本部 ソリューションアーキテクトの岡本京氏が「AWSを支えるネットワークインフラと要素技術」と題したセッションを行った。

「AWSは世界最大規模のオンプレミスデータセンター(DC)を運用する事業者。それだけにスケーラビリティとコストの課題は常々ある。その課題を解決するイノベーションが日々起こっている」と切り出した同氏の講演内容から、AWSのネットワークがどのように進化してきたのかを見ていこう。

AWSのインフラ構成まず、AWSのインフラ構成を整理する。

AWSのインフラは、1つないし複数のDCからなる「アベイラビリティゾーン(AZ)」と、AZを複数束ね、外部ネットワークと接続するトランジットセンターも含めた「リージョン」で構成される。2006年のAWSサービス開始当初は4つだったリージョンは現在18に増加、2018年末には22になる予定だ。

ユーザーは、1つあるいは複数のリージョンに、Amazon EC2インスタンス等のリソースとデータを配置することができる。この際、論理的に分離された“専用領域”を作り、ユーザー自ら定義した仮想ネットワーク内でリソースを起動できるサービスが「Amazon VPC」だ。ユーザーはVPC内で、IPアドレス範囲の選択、サブネットの作成、セキュリティやネットワークゲートウェイの設定等の管理・制御が行える。

SDNソフトとハードを自社開発この仮想ネットワークの管理・制御にはSDN技術が用いられている。VPCが登場した2009年以前のAWSでは、ネットワークベンダー製のコアルーターを用いて、エンジニアが設定変更を行いながらVLAN/VRF(Virtual Routing and Forwarding)による仮想ネットワークを運用していた。だが、ユーザーが増えるに従ってVLAN/VRFの数が不足。また、設定変更の工数の増大と「何より、ベンダーの固有機能やリリースサイクルにアジリティが依存してしまう」ことが課題だった。

AWSはこれを解決するため、独自にSDNソフトウェアを開発した。

一般的なSDNと異なる点が“分散処理型”である点だ。経路制御や管理を行うコントロールプレーンを分散型で実装することにより耐障害性を高め、かつコントロールプレーンの負荷が増大してボトルネックとなることを回避しているという。

特徴はもう1つある。データプレーンに当たるルーターとNIC(ネットワークインターフェースカード)も自社開発したことだ。

ルーターは、ブロードコムのカスタムASICを使用。NICは、PCIデバイスの仮想化に関する標準規格であるSR-IOVを採用し、2012年から導入した。現在は第2世代に移行しており、2015年に買収したAnnnapurna Labsが開発・製造するASICを搭載している。

これにより、AWSは「ハードからソフトまですべて自社でコントロールできる」ようにしたわけだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

zoho1811
soltec1811
necm1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます