企業ネットワーク最前線

ソフトバンクが「逆ザヤ」でNB-IoTを始めた理由

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.07.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンク 代表取締役
副社長執行役員 兼 CTO 宮川潤一氏

ソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員 兼 CTOの宮川潤一氏は、7月19・20日に開催された「SoftBank World 2018」において、NB-IoTや5Gなど、デジタルトランスフォーメーションの実現手段となるソフトバンクの通信サービスの展開について語った。

 
宮川氏はまず、ソフトバンクが今年4月に他社に先駆けてスタートさせた「NB-IoT」について、「世界的にも最安値に近い月額10円、年120円という料金を発表したが、日本では電波利用料が1回線あたり年間140円かかるので、逆ザヤになっている」と明かした。

なぜ、逆ザヤの料金を設定したのか――。

「当社がアライアンスを組んでいる欧州のキャリア連合で、あるキャリアがIoTの接続料を年額1ユーロにすると発表した。IoTは今立ち上げの時期で、今後、爆発的な勢いで広がっていくと考えている。その中でグローバルのエコシステムに乗るために欧州と同じ料金でいこうと腹を括った」と宮川氏は説明した。

さらに同氏は、「総務省でもスマートフォンとIoTのセンサーの電波利用料が同じなのは、おかしいとは言っていただいていて、法改正に向けた手続きが進められている」と述べた。これを見越して、前倒しで安価な料金を設定したのである。

NB-IoTの月額10円という料金は、電波利用料を考えると逆ザヤだという
NB-IoTの月額10円という料金は、電波利用料を考えると逆ザヤだという



5Gについては、「5Gは4Gとは似て非なるもの。モノがつながるインフラを作るために規格を一から見直してみようということで作られたのが5Gだ」と宮川氏は話した。

その商用化時期だが、「2020年からサービスインしたいと思っているが、韓国や中国が2019年の計画をさらに前倒するという話も聞こえてきている。周波数を少し早くいただけるようであれば、展開を早めていきたい」と意欲を見せた。

5Gを活用したサービスの開発例としては、隊列走行の実証実験を取り上げた。車車間通信だけでなく、5G基地局にエッジサーバーを配置して低遅延を実現する、MECを用いた実験にも成功したという。「MECの標準化に向け、3GPPやITUなどの国際機関と実験データを共有させていただいている」とのことだ。

さらに、宮川氏はソフトバンクが企業や自治体などと取り組むIoTサービスの「共創」についても説明した。

ゴミ収集車に装着したカメラにより道路状況を把握して補修に活かしたり、基地局にカメラを付けて防災などに活用してもらう事例など、「共創プロジェクト」の数は、1年間で1000件を超える見込みだという。

ゴミ収集車にカメラを取り付け、道路の補修・管理に活用するトライアルも進められている
ゴミ収集車にカメラを取り付け、道路の補修・管理に活用するトライアルも進められている



最後に、宮川氏はソフトバンクが7月に発表した「IoTパートナープログラム」を取り上げた。様々な領域のパートナー企業を組織し、技術支援やビジネスマッチングなどを行うことで、IoTビジネスの拡大につなげていこうというもので、すでに140社が参加している。

「中国のデジタル化の取り組みは本当にすごいが、パートナーの皆様と一緒にサービスやデバイスを作り込み、日本が絶対に中国に負けないようにしていきたい」と述べて、宮川氏は講演を締め括った。

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます