ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

AI/IoT/VRが切り開く小売店舗の将来像

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2018.07.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

eコマースが伸びるなか、「リアル店舗」においてもAIやIoTなどのデジタル技術を活用したイノベーションが始まっています。今回は、ロボットの活用、無人店舗、VR、ビッグデータ活用の4つの切り口から小売店舗の将来に迫ります。

小売店舗を取り巻く状況今回のテーマは「ITによる小売店舗の革新」です。ひとくちに小売店舗といっても、様々な種類があります。

まずは経済産業省がまとめた、2017年の業種別商業販売額を見てみましょう。

 

図表1 2017年の商業販売額
図表1 平成29年の商業販売額
出所:http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/20180416minikeizai.html


小売業全体の2017年の販売額は142兆5140億円で、前年比1.9%増となっています。

経済状況が比較的安定していることもあり、小売業全体の売上は堅調に推移していますが、業種別に見れば、コンビニ・家電量販店・ドラッグストアなどが好調なのに対し、百貨店などは多少元気のない様子が数字に表れています。

ただし、上記の数値は「小売業の販売額」であって、「小売店舗の販売額」ではありません。

小売業の企業がネット通販(BtoC-EC)で販売した金額も含まれているのです。そこで、BtoC-ECのみの市場規模を見てみましょう。

 

図表2 2017年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模
図表2 平成29年(2017年)の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模
出所:http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001.html

 


図表2の通り、2017年の日本国内のBtoC-ECの市場規模は16.5兆円です。

金額的には、小売業販売額全体の10%強ですが、前年比9.1%増。2010年からですと、2倍以上と大きく伸長しています。

小売業全体の販売額は穏やかな推移ですから、実質、店舗での売上がネット通販に奪われつつある、ということでしょう。

小売店舗が不振となる理由なぜ、小売店舗の業績が奮わないのでしょうか? まず、現代の人々のライフスタイルの変化が挙げられます。

現代人は多忙です。よほどお気に入りの商品を選ぶのでもない限り、わざわざ店舗に出向くよりも、スマホやPCをクリックするだけで自宅まで届けてくれる通販のほうが支持されやすいのは自明です。

また、少子高齢化の影響も見過ごせません。買物弱者となった高齢者が通販を選ぶようになるのも当然の流れでしょう。

さらに、小売店舗は慢性的な労働者不足にも悩まされています。

店舗スタッフの仕事は「キツい」「辛い」などのイメージがあるからでしょうが、今後の生産年齢人口の減少により、店舗の労働力不足はさらに深刻なものになっていくはずです。

このような労働者不足は労務費の高騰を招きます。労務費だけではありません。店舗運営コスト全般が、通販では不要ですから、その分、小売店舗は高コスト体質である、と言えるのです。

改革に向けた2つの方向性それでは、小売店舗が競争力を取り戻すためには、どうすればよいのでしょうか。

まずは、通販では得られない、店舗ならではの顧客体験価値の最大化を実現する施策が求められます。さらに、労働力不足や店舗運営コストを低減する施策も必要でしょう。

「体験価値の最大化」と「省コストの徹底」、この一見相反する2つの方向性をAIやIoTの力を使って実現することが、小売店舗のイノベーションとなるでしょう。

ここでは、以下の4つの切り口で、小売店舗のイノベーションを実現している事例を紹介します。

・ロボットの活用
・無人店舗
・VRの活用
・ビッグデータ活用

※なお、リアル店舗の顧客価値を最大化する手法としてオムニチャネルがあります。オムニチャネルは、ネットとリアルをうまく連携・融合させて成果を上げていくものですが、今回の記事では、オムニチャネルは除き、あくまでリアル店舗自体で実施する手法について言及したいと思います。オムニチャネルについては、以前に書いた「リアル店舗の売上アップにつながる顧客体験をO2O/オムニチャネルで実現!」を参考にしてください。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます