ニュース

ワイヤレスジャパン 2018/ワイヤレスIoT EXPO 2018

パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム

文◎村上麻里子(編集部) 2018.05.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズのブースでは、同社がネットワークやコンサルティングの提供などにより支援するサービス事業者のIoTソリューションの成果を見ることができる。

NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)のブースは、「共に創るIoTビジネス」というコンセプトのもと、同社の「100円SIM」などと組み合わせてソリューションを展開するパートナー企業を中心とした展示となっている。

ドリームエリアの「みもり」は、AI(人工知能)を活用した見守りサービス。小型の専用端末を子供に持たせ、保護者のスマートフォンに専用アプリをインストールすると、子供の現在地や過去1カ月間の行動履歴をスマホで確認することができる。

 
「みもり」は、子供の危険を未然に防ぐことを目指した見守りサービス

同様の見守りサービスは他にも数多くあるが、みもりは、あらかじめ保護者が「危険エリア」を登録し、そのエリアに子供が入ると、保護者と子供に対し同時に通知する機能も備える。危険エリアについては、ドリームエリアの不審者情報配信・メール連絡網ツール「マチコミ」に集まってくる口コミに基づいたデータベースから設定することも可能。さらに今後は、学校に寄せられた不審者情報との連携も予定している。「事後ではなく、リアルタイムで危険から守れるのがみもりの特徴」とドリームエリア代表取締役の寺下武秀氏は話す。

丸紅情報システムズは、IoTゲートウェイ「EasyupLink」と、BLEビーコン「BlueBeacon」を紹介している。

 
 「EasyupLink」と「BlueBeacon」は、運行管理や見守りなど幅広い用途に使われている
EasyupLinkにはGPSチップを搭載しているので、車内のシガーソケットに接続して運行管理に活用したり、BlueBeaconを子供や高齢者に持たせて見守りに利用することができる。
また、医療に活用する取り組みも行われている。

奈良県立医科大学との連携により、奈良県橿原市で行われている医療健康サービス「MBT LINK」がそれだ。Easyuplinkを使って温度や湿度など室内外の環境データのほか、住民の体重や心拍数といったバイタルサインを吸い上げ、双方をクロスして評価することで熱中症や低体温症などの予防に活用している。BlueBeaconを使えば在宅かどうかも確認できるため、一人暮らしの高齢者の安否確認や健康管理に役立っている。

IoTサービスを海外展開する際にはネットワーク機器の調達なども必要になる。NTTコムではパートナーの兼松コミュニケーションズ(以下、KCS)と連携し、各国の技適・認証制度への対応も含めてトータルでサポートする体制を構築している。

そのKCSが展示しているのが、3G M2Mゲートウェイ「NTC-6200シリーズ」(NetComm Wireless製)だ。

 
「NTC-6200シリーズ」は3Gに対応し、日本企業が多く進出する国の約80%の認証を取得している

欧州や北米、アジア各国など主要国の認証を取得しており、日本企業が多く進出する国の約80%をカバーしている。Linux OSに対応し、企業ごとのニーズに合わせて自由にカスタマイズできるのも特徴だという。

NTTコムがサポートするパートナー企業は、ベンチャー企業も少なくない。そのサービスに関心を持った大手企業がNTTコムの推進する「BtoBtoX」の先の新たなパートナーとして加わり、販路が拡大するケースも生まれている。先述のみもりも、大手スーパーのランドセル事業と連携したことで、加入者に弾みが付くことが予想される。

NTTコム ネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当の青木貴史氏は「これまで育ててきたIoTビジネスの芽の一部が、ようやく実を結び始めた」と手応えを感じている。

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
1810yamaha

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます