導入・選定ガイド

Skype for Businessが働き方を変える――前年比2倍以上に利用拡大

文◎村上麻里子(編集部) 2018.02.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「Skype for Business」で自社のコミュニケーションを変革しようとする企業は多い。導入・運用の課題を解決するソリューション活用により、機能を十分に引き出すことができる。

 
マイクロソフト「Office 365」の1サービスとして提供される「Skype for Business」は、数あるユニファイドコミュニケーション(UC)の中でも圧倒的な知名度を誇る。

ところが意外なことに、知名度の割に利用率は高くなく、一説には「Office 365ユーザーの10%程度にすぎない」といわれてきた。

しかし、この1年ほどの間に状況が大きく変化している。Skype for Businessの利用がグローバルで飛躍的に伸びており、2016~17年にかけてユーザーは2倍に増加した。とりわけ成長著しいのが日本市場で、詳細な数字は明らかになっていないが、2倍を上回るペースで増えているという。

「従来はSharePointやExchangeを目的としてOffice 365が採用されてきたが、最近は経営課題として“働き方改革”に取り組む企業の動きが活発化し、企業コミュニケーションの改善としてSkype for BusinessがOffice 365導入のトリガーになるケースが目立ってきている」。日本マイクロソフトでOfficeビジネス本部 業務執行役員 本部長を務める中原徹三氏は、国内市場におけるSkype for Businessの“勢い”についてこう説明する。

中原氏が指摘するように、日本企業の間でSkype for Businessの活用が加速している大きな要因の1つに「働き方改革」がある。

日本企業の働き方は、「欧米と比べて20年の差がある」とも言われるように、圧倒的な遅れを取っていた。それが、少子高齢化による労働力人口の減少や長時間労働の弊害など深刻な問題が顕在化したことで、国を挙げて抜本的な改革を迫られている。

大企業を中心に「働き方改革推進室」といった組織を立ち上げ、従業員の新たな働き方を模索し始める動きも目立つ。女性や高齢者など多様な人材が働き続けるためにはテレワークなど柔軟な働き方の容認が不可欠であり、その実現に向けて社内のコミュニケーションの在り方そのものを見直す中で、Skype for Businessが注目されているという。

とはいえ、Skype for Businessは「導入しておしまい」というものではない。大半の企業ではPBX(構内交換機)やビデオ会議システムを活用しており、それら既存設備やネットワークとSkype for Businessをいかに連携させるか、あるいは全面的にSkype for Businessに移行する場合には電話や会議における音声品質をいかに担保するかが必ず課題となる。

マイクロソフトは2016年にSkype for Businessの計画・導入・運用のリファレンスモデルとなるパートナー施策「Skype Operations Framework(SOF)」を発表するとともに、ネットワークや音声インフラの構築・運用に優れた技術力を持つKDDIや協和エクシオなど7社をSOFパートナーに認定、企業のSkype for Business導入を推進してきた(2017年9月よりCloud Voice System Integratorに改称)。こうした取り組みも、Skype for Businessの利用拡大に貢献しているといえるだろう。

さらに見逃せないのが、Skype for Businessの使い勝手を補完するデバイスや、課題を解決するソリューションが充実してきたことだ。「オンプレミスの高価なビデオ会議システムやPBXをリプレイスし、Office 365で電話やビデオも含めた企業コミュニケーション全体をクラウド統合することがようやく可能になった」と日本マイクロソフトOfficeビジネス本部 シニアビジネスデベロップメントマネージャーの黄瀬隆律氏は話す。

では、こうしたデバイスやソリューションの活用により、Skype for Businessの何が変わるのか。「遠隔会議」と「オフィス電話」の2つの側面から見ていくことにする。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

jupiter1812
nokia1812
zoho1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます