導入・選定ガイド

Skype for Businessが働き方を変える――前年比2倍以上に利用拡大

文◎村上麻里子(編集部) 2018.02.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「Skype for Business」で自社のコミュニケーションを変革しようとする企業は多い。導入・運用の課題を解決するソリューション活用により、機能を十分に引き出すことができる。

 
マイクロソフト「Office 365」の1サービスとして提供される「Skype for Business」は、数あるユニファイドコミュニケーション(UC)の中でも圧倒的な知名度を誇る。

ところが意外なことに、知名度の割に利用率は高くなく、一説には「Office 365ユーザーの10%程度にすぎない」といわれてきた。

しかし、この1年ほどの間に状況が大きく変化している。Skype for Businessの利用がグローバルで飛躍的に伸びており、2016~17年にかけてユーザーは2倍に増加した。とりわけ成長著しいのが日本市場で、詳細な数字は明らかになっていないが、2倍を上回るペースで増えているという。

「従来はSharePointやExchangeを目的としてOffice 365が採用されてきたが、最近は経営課題として“働き方改革”に取り組む企業の動きが活発化し、企業コミュニケーションの改善としてSkype for BusinessがOffice 365導入のトリガーになるケースが目立ってきている」。日本マイクロソフトでOfficeビジネス本部 業務執行役員 本部長を務める中原徹三氏は、国内市場におけるSkype for Businessの“勢い”についてこう説明する。

中原氏が指摘するように、日本企業の間でSkype for Businessの活用が加速している大きな要因の1つに「働き方改革」がある。

日本企業の働き方は、「欧米と比べて20年の差がある」とも言われるように、圧倒的な遅れを取っていた。それが、少子高齢化による労働力人口の減少や長時間労働の弊害など深刻な問題が顕在化したことで、国を挙げて抜本的な改革を迫られている。

大企業を中心に「働き方改革推進室」といった組織を立ち上げ、従業員の新たな働き方を模索し始める動きも目立つ。女性や高齢者など多様な人材が働き続けるためにはテレワークなど柔軟な働き方の容認が不可欠であり、その実現に向けて社内のコミュニケーションの在り方そのものを見直す中で、Skype for Businessが注目されているという。

とはいえ、Skype for Businessは「導入しておしまい」というものではない。大半の企業ではPBX(構内交換機)やビデオ会議システムを活用しており、それら既存設備やネットワークとSkype for Businessをいかに連携させるか、あるいは全面的にSkype for Businessに移行する場合には電話や会議における音声品質をいかに担保するかが必ず課題となる。

マイクロソフトは2016年にSkype for Businessの計画・導入・運用のリファレンスモデルとなるパートナー施策「Skype Operations Framework(SOF)」を発表するとともに、ネットワークや音声インフラの構築・運用に優れた技術力を持つKDDIや協和エクシオなど7社をSOFパートナーに認定、企業のSkype for Business導入を推進してきた(2017年9月よりCloud Voice System Integratorに改称)。こうした取り組みも、Skype for Businessの利用拡大に貢献しているといえるだろう。

さらに見逃せないのが、Skype for Businessの使い勝手を補完するデバイスや、課題を解決するソリューションが充実してきたことだ。「オンプレミスの高価なビデオ会議システムやPBXをリプレイスし、Office 365で電話やビデオも含めた企業コミュニケーション全体をクラウド統合することがようやく可能になった」と日本マイクロソフトOfficeビジネス本部 シニアビジネスデベロップメントマネージャーの黄瀬隆律氏は話す。

では、こうしたデバイスやソリューションの活用により、Skype for Businessの何が変わるのか。「遠隔会議」と「オフィス電話」の2つの側面から見ていくことにする。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

intel1906
extreme1906
nttcom1906sp

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます