導入・選定ガイド

導入後に困らないWi-Fiを作ろう! [第1回]運用管理編

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.12.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今や企業に不可欠な無線LAN。だからこそ、安定的かつ安全に通信できる製品を選ばなければ、導入後にトラブルに見舞われることになる。そうならないよう、ぜひ使うべき最新機能をレポートする。

 
無線LAN(Wi-Fi)製品を選ぶときに最も重視するポイントは何だろうか。数年前なら「通信速度」が最優先だったかもしれないが、今はセキュリティ、あるいは通信の安定性を真っ先に挙げる企業が多いのではないだろうか。

有線LANに匹敵する通信速度を実現したIEEE802.11acによって、企業ネットワークの主役は有線からWi-Fiに変わりつつある。だからこそ、安定的に快適な通信が行えて、かつセキュリティ対策も十分な環境を整えることが不可欠だ。ただし、重要なのは、いかに運用負荷を高めずにそれを実現するかだ。

目に見えないWi-Fiは、とかく手間がかかる。快適な通信を維持するためのメンテナンスも障害時の原因特定も、そしてセキュリティ対策も有線に比べて難しい。そのため、価格の安さや表面的なスペックだけで製品を選んだ挙句、導入後に問題が噴出するケースは珍しくない。余計な運用コストがかかったり、セキュリティの追加投資が必要になったりで、“結局高くついた”失敗例も少なくないのだ。

ユーザーにとって幸いなことに、最新のWi-Fiアクセスポイント(AP)やクラウドWi-Fiサービスは、手間やコストをなるべくかけずに通信品質を安定化させるための機能や、セキュリティ機能が充実してきている。しかも、中堅中小企業でも十分に手の届く価格帯で、だ。

導入後に困らない、本当に使いやすいWi-Fiを作るために、ぜひ利用すべき機能を紹介しよう。

電波を自律調整する賢いAPWi-Fi通信の安定化を難しくしている最大の理由は、電波が見えないことにある。オフィスレイアウトの変更や社員の異動などで、電波が遮られたり特定のエリアに端末が偏ったりすると、途端に通信品質は悪化するが、すぐには原因と対処法がわからない。

そうしたトラブルが起こる度にSIerを呼んで調査し、置局をやり直すのは費用と時間の無駄だ。さらに、復旧までWi-Fiが使えなければ業務にも支障をきたす。

これを解消するには、大きく分けて2つのアプローチがある。1つは、電波出力や帯域の割当等をAPが自律的に調整して、通信を安定化させること。もう1つが、電波状況やAP/端末の利用状況を可視化することだ。

前者の例をいくつか挙げよう。

会議室や学校の教室のように複数の端末が同時接続しても安定した通信が行えるよう、各端末へ均等に帯域を割り当てる「トラフィックシェーピング機能」を備えるのが、NECプラットフォームズ(NECPF)のAP「NA1000シリーズ」だ。同製品はこのほか、電波干渉が少ない5GHz帯に端末を誘導する機能や、端末が移動している時に、より受信強度の強いAPに自動接続させるローミング最適化機能も搭載している。

NECプラットフォームズの「NA1000」
NECプラットフォームズの「NA1000」



こうした自律調整の機能は他社のAPでも様々なものが搭載されており、APはどんどん賢くなっている。最新のAPを採用することで、メンテナンスの手間はかなり低減されるはずだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます