企業ネットワーク最前線

5Gが可能にする“ちょっと先”の未来とは?――ドコモが5Gイベントを開催

文◎太田智晴(編集部) 2017.11.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは、最新の研究成果を紹介するイベント「見えてきた、“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル~」と「DOCOMO R&D Open House 2017」を11月9日~11日まで、日本科学未来館(東京・お台場)で開催している。一般公開に先立ち、11月8日に行われたプレス向けツアーに参加した。“ちょっと先”まで迫ってきた5Gの研究開発は、どこまで進んだのだろうか。

 
「基本的には、世界中で2020年までに5Gを商用化すると明確に宣言されている。少し前は日本と韓国がかなりアグレッシブだったが、今は世界中だ」。プレス向けツアーの冒頭、このように5Gの最新動向を紹介したのは、NTTドコモ 5G推進室長の中村武宏氏。標準化作業についても「非常にスピーディに進んでいる」という。

NTTドコモ 5G推進室長 中村武宏氏
NTTドコモ 5G推進室長 中村武宏氏


また、5Gの商用化にあたっては、周波数の問題も重要だが、こちらも「非常にいい感じになっている」と中村氏。そして、「写真を撮っておいた方がいいですよ」と記者たちに促したのが以下のスライドだ。

日本にとって良い方向に進んでいる世界の5G向け周波数動向
日本にとって良い方向に進んでいる世界の5G向け周波数動向



日本では、3.6GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯が5G用の周波数候補として挙がっているが、世界的に「大体このへんでまとまりそうになっている」。日本において広帯域が確保できる可能性がある3.8~4.2GHzについても米国、日本の独自帯域となる可能性があった4.5GHz帯についても中国という「世界のメジャーな国で一緒に使われる可能性が出てきた」という。

ネットワークスライシングで企業ネットワークをオンデマンド提供展示スペースでは、5GやIoT、AIなどに関する最新技術や、そのユースケースなどが多数紹介されている。

5Gでは、eMBB(超高速)、超高信頼・低遅延(URLLC)、超大量接続(mMTC)の3種類にユースケースがカテゴライズされており、5Gのスタート時点でまず最優先されるのはeMBBだが、URLLCに関する研究開発も着実に進んでいる。

3GPPは、URLLCの要求条件として、片道0.5msの低遅延、32バイト以上のパケットデータ量の99.999%以上の送信成功率を定めている。ドコモはファーウェイと共同で行った実証実験において、世界初、この条件を満たす屋外実験に成功しているが、会場ではこのURLLC通信を活用したデモが行われていた。

振り子をモバイル通信で遠隔自動制御するデモで、遅延時間の大きいLTEによる制御では振り子を安定(静止)させるのに大分時間がかかる。しかし、5Gでは、静止までの時間がかなり短縮。さらに、振り子の上に紙を乗せても、低遅延通信により、紙を落とさず迅速に制御できる様を披露した。

振り子の制御のデモの様子
振り子の制御のデモの様子。右下に見えるように、紙を載せても、5Gで迅速に振り子を制御し、紙は落ちない。
左上のディスプレイに表示されている数字は、振り子の安定(静止)までにかかった時間を4Gと5Gで比較したもの



5G時代においては、コアネットワークも変革していくが、中でも注目度が高いのがネットワークスライシング技術だ。これを活用し、サーバーリソースから帯域が保証された専用ネットワークまでをエンドツーエンドで、企業向けにオンデマンド提供するデモも行われた。サーバーリソースは、全国各地に分散配置された、いわゆるエッジコンピューティング環境を想定。企業ネットワークからサーバーまでを丸ごと提供する。

ネットワークスライシングを利用し、サーバーからネットワークまでを企業にオンデマンド提供
ネットワークスライシングを利用し、サーバーからネットワークまでを企業にオンデマンド提供

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ribbon1809
sas1808
necaspire

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_swx3100

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます