ビジネス・企業

【東京モーターショー2017】トヨタ「CONCEPT-愛i」で体感する人とクルマの新たな関係

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.10.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ドライバーの感情や嗜好を理解する
AIを搭載したトヨタのコンセプトモデル
「TOYOTA CONCEPT-愛i」

2017年10月28日から一般公開が始まる東京モーターショー2017。西ホールのトヨタスタンド(ブース)では、トヨタが“未来のモビリティ”を具体化したコンセプトカー「TOYOTA CONCEPT-愛i」が出展されている。自動車に搭載されたAIがドライバーを理解し、さらにクラウドとの連携によって、クルマを人のパートナーにするというコンセプトだ。今回、シェアリングサービスでの活用も想定した新タイプも登場し、さらに広がったコネクテッドカーの未来が体感できる。


「TOYOTA CONCEPT-愛i」は、2017年1月に米国で開催された見本市「CES」でトヨタ自動車が発表し、話題を集めたコンセプトモデルだ。今回、東京モーターショー2017に合わせてシリーズを拡大し、CESで初公開したモデル(下写真の右)に加えて、小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」と、歩行空間向けの3輪電動スクーター「Concept-愛i WALK」の3タイプをトヨタスタンドで披露している。


トヨタ自動車のコンセプトモデル「TOYOTA CONCEPT-愛i」。
左奥が、今回新たに追加された小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」(詳細は2ページへ)


CONCEPT-愛iの目玉は何と言っても、ドライバーの感情や嗜好を理解する人工知能(AI)の搭載だ。トヨタスタンドの一角では、ドライビングシュミレーターでAIとのやり取りを実際に体感することができる。

ドライバーの感情や嗜好をクルマが理解する

では、AIはドライバーに対して何をするのか。ひと言でいえば、AIが能動的にドライバーをアシストすることで安全性を高めたり、運転そのものを楽しく、快適に行えるようにする。

説明員によれば、表情、ジェスチャー、声色の3要素を基にAIがドライバーの心情や嗜好を理解するという。これを手がかりに、ドライバーが眠気を催せば注意を促したり、イライラしていたらシートを振動させたり、あるいはドライバーの好きな曲を流す、興味を引くニュースを知らせたりする。例えばサッカーが好きなドライバーならば「昨日の試合で本田圭佑が2ゴール決めた」というニュースを流すといった具合だ。

また、ドライバーが危険な状態に陥ったような場合は自動運転モードに切り替わる。“見守り”だけでなく、クルマと人が“助け合う”関係を実現しようとしているのだ。

こうしたドライバーの感情推定はクルマ内で行い、一方、ネットワークでつながったクラウドでは個人の思考や好みなどを学習しデータを蓄積する。数多くのドライバーのデータが集まることで、さらに高度なサービスを行うことも可能になるという。



ドライバーの感情をモニタリングし、それを地図上にプロットしたもの。
緑色が「ハッピーな感情」で、オレンジ色が「アンハッピーな感情」を表す。
このデータを基に“より楽しくドライビングできるルート”を提示することも可能になる

その例が、ドライバーの幸福感を優先させた新たなナビゲーションサービスだ。「AIとクラウドがドライバーの感情をモニタリングし続ける。それによって、“幸福”な状態で走行した人が多いルートや区間、反対にストレスを感じるドライバーが多かった区間といったものがわかるようになる」と説明員は話す。

このデータを活用することで、少し遠回りになるかも知れないが、より楽しんでドライビングができるルートをAIが提案するといったことが可能になるという。「従来のナビは、“最も早く着く”または“最短距離で着く”ルートを検索して提示するものだった。だが、これからは“最も幸福な状態で目的地を目指せる”という新しいナビができるかもしれない」(説明員)。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

microfocus2010
nvidia2010
idaas2010

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます