企業ネットワーク最前線

<特集>エッジコンピューティングの全貌 最終回

エッジコンピューティングの使い方はLTEと5Gでどう違うのか

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.10.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エリクソン・ジャパン
CTO 藤岡雅宣氏

エッジコンピューティングとキャリアネットワークの関係は、どうなっているのだろうか。エッジコンピューティング時代、コアネットワークはどう変わり、どんなユースケースが可能になるのか――。エリクソン・ジャパン CTOの藤岡雅宣氏に聞いた。

 
キャリアネットワークにおいてエッジコンピューティングは、NFVやネットワークスライシングといった技術と密接に関連している。5Gに向けたモバイルネットワークの進化の流れの中で、エッジコンピューティングの位置づけを整理すると、次のようになる。

NFVとネットワークスライシングは、ネットワークの構成とサービス提供の仕方を大きく変える。専用ハードを不要とし、汎用サーバー上にネットワーク機能を配備できるようにするNFVによって、従来はコア設備にあった機能を「無線に近いところや、パブリッククラウドに置けるようになる。『分散クラウド』の世界になる」と語るのは、エリクソン・ジャパンのCTOである藤岡雅宣氏だ。

さらに、SDNによって制御プレーンとデータプレーンを分離することで、制御機能は集中的に配備し、転送処理を分散させるといった構成も可能になる。これらの技術は、エッジコンピューティングを無線基地局や収容局等に実装するための土台とも言える。

そして、この分散配置された機能を組み合わせて、ユーザー/アプリケーション側の要求を満たす論理ネットワークを構成し提供するのがネットワークスライシングだ。例えば、低遅延・高信頼性が求められる安全運転支援アプリ用のスライスでは「(市単位で置かれる)GC局等にクラウドを作り、そこに仮想EPCとアプリを置く」(藤岡氏)というように、スライスを実現するための1要素としてエッジコンピューティングが使われることになる。

エッジとクラウドを柔軟に使い分けこうした使い方は、LTEでも技術的には可能だ。藤岡氏は「ネットワークスライシングはLTEでも使えるし、仮想EPCも商用化されているから今でもできる。5Gが前提ではない」と話す。

実際、エリクソンとチャイナモバイルは昨年、無線基地局に仮想EPCを置いた構成で、ドローンを制御するトライアルを行っている。ドローン本体とそのコントローラ間の通信を基地局で折り返すことで、エンドツーエンドの遅延時間を20~30ms程度に抑えられたという。

ただし、超低遅延、超高速通信が可能な5Gでは、さらに進化したエッジコンピューティングの使い方が可能になる。

今年2月のMWC2017では、エリクソンとテレフォニカが、バルセロナの会場から50キロ離れた場所にある電気自動車を遠隔運転するデモを行った。その際の遅延は、操作のための通信が4ms、4K相当の映像を3枚送る車載映像の伝送も約40ms。運転者はクルマがバンプを通る際の振動も体感でき、「まったく違和感なく運転できる」レベルだったという。

もう1つ、今年5月の「5G Tokyo Bay Summit 2017」でエリクソンとドコモが行ったデモも、5Gとエッジコンピューティングの可能性を示すものだ。カメラを搭載したロボットに、性能の異なる2つのスライスをつないで制御するというものである。

図表のように、映像データは広帯域スライスでクラウドに送り、ロボットの制御操作は低遅延・高信頼のスライスで行う。後者の処理は近傍のデータセンター、つまりエッジで行う仕組みだ。

 

図表 カメラ搭載ロボットの制御
図表 カメラ搭載ロボットの制御



このように5Gでは、1つの端末で複数スライスの接続を同時に持てるようになる。1スライスしか同時接続できないLTEと比べて、エッジの使い道も広がるはずだ。藤岡氏は「ローカル処理が必要な部分と、センターでよい部分を分けて、両者を連携させるような使い方がこれから出てくる」と予想している。

スペシャルトピックスPR

necm1811
hytec1811
mi1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
ws58

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます