企業ネットワーク最前線

<特集>エッジコンピューティングの全貌 最終回

エッジコンピューティングの使い方はLTEと5Gでどう違うのか

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.10.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エリクソン・ジャパン
CTO 藤岡雅宣氏

エッジコンピューティングとキャリアネットワークの関係は、どうなっているのだろうか。エッジコンピューティング時代、コアネットワークはどう変わり、どんなユースケースが可能になるのか――。エリクソン・ジャパン CTOの藤岡雅宣氏に聞いた。

 
キャリアネットワークにおいてエッジコンピューティングは、NFVやネットワークスライシングといった技術と密接に関連している。5Gに向けたモバイルネットワークの進化の流れの中で、エッジコンピューティングの位置づけを整理すると、次のようになる。

NFVとネットワークスライシングは、ネットワークの構成とサービス提供の仕方を大きく変える。専用ハードを不要とし、汎用サーバー上にネットワーク機能を配備できるようにするNFVによって、従来はコア設備にあった機能を「無線に近いところや、パブリッククラウドに置けるようになる。『分散クラウド』の世界になる」と語るのは、エリクソン・ジャパンのCTOである藤岡雅宣氏だ。

さらに、SDNによって制御プレーンとデータプレーンを分離することで、制御機能は集中的に配備し、転送処理を分散させるといった構成も可能になる。これらの技術は、エッジコンピューティングを無線基地局や収容局等に実装するための土台とも言える。

そして、この分散配置された機能を組み合わせて、ユーザー/アプリケーション側の要求を満たす論理ネットワークを構成し提供するのがネットワークスライシングだ。例えば、低遅延・高信頼性が求められる安全運転支援アプリ用のスライスでは「(市単位で置かれる)GC局等にクラウドを作り、そこに仮想EPCとアプリを置く」(藤岡氏)というように、スライスを実現するための1要素としてエッジコンピューティングが使われることになる。

エッジとクラウドを柔軟に使い分けこうした使い方は、LTEでも技術的には可能だ。藤岡氏は「ネットワークスライシングはLTEでも使えるし、仮想EPCも商用化されているから今でもできる。5Gが前提ではない」と話す。

実際、エリクソンとチャイナモバイルは昨年、無線基地局に仮想EPCを置いた構成で、ドローンを制御するトライアルを行っている。ドローン本体とそのコントローラ間の通信を基地局で折り返すことで、エンドツーエンドの遅延時間を20~30ms程度に抑えられたという。

ただし、超低遅延、超高速通信が可能な5Gでは、さらに進化したエッジコンピューティングの使い方が可能になる。

今年2月のMWC2017では、エリクソンとテレフォニカが、バルセロナの会場から50キロ離れた場所にある電気自動車を遠隔運転するデモを行った。その際の遅延は、操作のための通信が4ms、4K相当の映像を3枚送る車載映像の伝送も約40ms。運転者はクルマがバンプを通る際の振動も体感でき、「まったく違和感なく運転できる」レベルだったという。

もう1つ、今年5月の「5G Tokyo Bay Summit 2017」でエリクソンとドコモが行ったデモも、5Gとエッジコンピューティングの可能性を示すものだ。カメラを搭載したロボットに、性能の異なる2つのスライスをつないで制御するというものである。

図表のように、映像データは広帯域スライスでクラウドに送り、ロボットの制御操作は低遅延・高信頼のスライスで行う。後者の処理は近傍のデータセンター、つまりエッジで行う仕組みだ。

 

図表 カメラ搭載ロボットの制御
図表 カメラ搭載ロボットの制御



このように5Gでは、1つの端末で複数スライスの接続を同時に持てるようになる。1スライスしか同時接続できないLTEと比べて、エッジの使い道も広がるはずだ。藤岡氏は「ローカル処理が必要な部分と、センターでよい部分を分けて、両者を連携させるような使い方がこれから出てくる」と予想している。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます