企業ネットワーク最前線

IoTで再び注目集まるHD-PLC

文◎村上麻里子(編集部) 2017.06.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

電力線で高速データ通信を実現する「HD-PLC」。いったんは忘れられかけた通信技術だが、IoT時代の到来で再び脚光を浴びている。無線LANや5Gの補完役として、IoT向け通信の一角を担おうとしている。

 
さまざまなモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)は、拡大の一途をたどっている。総務省の情報通信白書(平成28年版)によると、IoTデバイスの数は2015年の154億個から、20年には304億個になるという。

IoT時代の本格到来を前に、パナソニックではこの4月、AI/IoT技術を核とした新たなビジネスモデルの創出などを目的として「ビジネスイノベーション本部」を新設、その傘下にIoT事業推進室を設置した。

IoT事業推進室では、高速電力線通信技術「HD-PLC(High Definition Power Line Communication)」などIoTを下支えする基盤技術を全社的に推進する方針だ。

既設ケーブルの有効活用でコスト削減HD-PLCとは、パナソニックの大阪本社にある研究所が中心となって2000年に開発した通信規格。電力線で電力とデータの2つを一緒に伝送し、専用アダプターをコンセントに差し込むだけでどこでも通信することができる。これはパナソニックの創業者である松下幸之助氏が発明した、電灯と家電用ソケットの両方に使える「二股ソケット」と同様のコンセプトだという。

HD-PLCがIoT向け通信規格として再び注目を集めているのは、既存の無線LANや有線LAN(イーサネット)などに対して、いくつかの優位点があるからだ。

1つめは、電源のあるところであれば、ネットワーク環境を容易に構築できることだ。LANケーブルの新規敷設などの必要がなく、構築コストを大幅に削減できる。しかも電力線だけでなく、メタル線が2本あれば対応するので、同軸線やツイストペア線、電話線などさまざまな既設線を有効活用できる。

2つめに、伝送距離が長いことだ。06年に第一世代の製品が発売された当時はホームサーバーなど宅内での用途を想定していたため距離が限られていたが、その後15年に「マルチホップ中継機能」に対応したことで、PLCモデムで“バケツリレー”して最大10ホップ、2kmの伝送が行えるようになった。これにより、ビルや工場など距離の必要な環境でも通信を行える。

さらに昨年発表された最新規格「HD-PLC Quatro Core」では通信帯域を最大4倍~最小1/4の5段階に切り替えることができ、1/2あるいは1/4に縮小すると、通信距離を従来の1.5~2倍に伸ばすことも可能だ。

 

図表 HD-PLC技術の進化[画像をクリックで拡大]図表 HD-PLC技術の進化


3つめに、通信の安定性が挙げられる。金属など無線の届かない障害物や部屋間でも通信できるので、無線通信の不安定さを解決する。無線LANにつきものの「隠れ端末」(互いに相手の通信を検知できない関係にある複数の機器が、同じ機器に向けて同時に信号を送信し、信号の衝突が発生すること)のような問題も生じない。しかも、PLC信号自体が暗号化され特殊な変調信号になっているため、HD-PLC通信機器同士の間は盗聴されないという。

そして4つめが、効率良く電力消費を制御できることだ。「無線は距離を飛ばそうとすると、それだけ消費電力も増える。HD-PLCは電力とデータを同時に扱うため、消費電力を抑えられる」とパナソニック コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター PLC事業推進室室長 兼 ビジネスイノベーション本部 IoT事業推進室 全社PLC推進総括主幹の荒巻道昌氏は話す。
荒巻道昌氏
パナソニック コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター PLC事業推進室室長 兼 ビジネスイノベーション本部 IoT事業推進室 全社PLC推進総括主幹の荒巻道昌氏

一方、通信速度については最大240Mbpsととりたてて速いわけではないが、HD-PLC Quatro Coreでは通信帯域を4倍にすることで最大1Gbps(同軸線利用の場合)が可能になったので、8K映像など大容量データの伝送も行える。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

mi1811
yamaha1811
hcnet1812

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます