企業ネットワーク最前線

【無線LAN最新動向】11ac Wave2の性能を引き出すコツ

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IEEE802.11acの第2世代(Wave2)対応製品がいよいよ“使いどき”だ。性能をうまく引き出せば、ユーザーの体感品質に直結する「実効速度」を大きく向上させられる。そのコツを解説しよう。

 
企業のオフィスや学校の教室などで、大規模に無線LAN(Wi-Fi)を構築する動きがますます広がっている。だが、せっかくWi-Fi環境を作っても、それを利用する端末の増加によって通信品質・速度が低下し、業務に支障を来すケースも出てきている。1台のアクセスポイント(AP)のカバーエリアに多くのWi-Fi端末が密集して通信容量が不足したり、電波干渉を起こすのが原因だ。

これからは、キャパシティと実効速度を重視した製品選びと設計・構築がさらに重要になる。このニーズに応えるのが、IEEE802.11acの第2世代「Wave2」だ。スループットを高める新機能を搭載した規格である。

さらに、次世代規格として標準化が進められている「11ax」も、キャパシティとスループットの向上にフォーカスしたもので、2018年以降の実用化が見込まれている。

一方、屋外にWi-Fi機器を設置し、様々な用途に活用しようとする動きも進み、Wi-Fiの利用シーンはさらに拡大している。

本稿では、最新技術を効果的に使ってWi-Fiの利便性を高めるためのポイントと、利用シーンを広げる方法の2つの側面からWi-Fiの最新動向をレポートする。


製品選びで大きな差が出るWave2 MU-MIMOはこう活かせ!Wave2対応製品は2015年後半から本格的に市場に投入され始め、昨年後半にはミドルクラス向けにも広がってきた。ラジオチップの低廉化によって、価格もWave1と遜色ない水準まで下がってきている。

ラッカスワイヤレスを昨年買収したブロケード コミュニケーションズ システムズで事業開発部テクニカルディレクターを務める小宮博美氏は「今後発売する新製品は基本的にすべてWave2になる」と話す。「Wave1からWave2へ切り替える際も、ほぼ横ばいの価格帯で移行できている」という。なお、同社で現在一番の売れ筋であるAP「Ruckus ZoneFlex R510」もWave2対応だ。
Ruckus ZoneFlex R510
ブロケード コミュニケーションズ システムズのWave2対応アクセスポイント「Ruckus ZoneFlex R510」。端末の現在位置に合わせてビーム状に電波を発する「BeamFlex+」を搭載している

 


このWave2のメリットを最大限活かすにはどうすればいいのか。

改めてWave1との違いを整理しておくと、Wave2の注目点は次の2つになる。1つは、チャネルボンディングが可能な帯域幅の拡大。もう1つがマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)への対応だ。

チャネルボンディングとは複数のチャネルを束ねて高速化する技術であり、この帯域幅が従来の80MHzから160MHzおよび80+80MHzに拡大した。

ただし、使い所はあまりない。160MHz幅にボンディングすれば、使えるチャネルはわずか2つに制限されてしまうからだ。実際には、20~40MHz幅でより多くのチャネルを確保し、電波干渉の少ないエリア設計を行うのが無難な使い方だ。

一方、ぜひとも活かしたいのがMU-MIMOである。APと複数の端末(最大4台まで)との同時通信を可能にする技術だ。

例えば、1台のAPがカバーするエリアに3台の端末がいた場合、これまでは1台ずつ順番に通信していたが、MU-MIMOでは同時に3台すべてにデータを送信できる。

これにより、無線リソースを有効に利用できるようになり、スループットが向上する。多数の端末が同時にアクセスする高密度環境でも、安定した実効速度が確保できるのだ。なお、Wave2でMU-MIMOが使えるのは下り方向の通信のみで、上下方向のMU-MIMOは次の11axで実装される。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

soltec1811
necm1811
hytec1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます