企業ネットワーク最前線

F5から「セキュリティ専用機」、SSL可視化とDDoS対策を新ブランドで投入

文◎太田智晴(編集部) 2017.03.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

F5ネットワークスがセキュリティの新ブランド「Herculon(ハーキュロン)」を立ち上げた。従来からBIG-IPシリーズの1機能としてセキュリティ関連機能を提供していたF5だが、さらにセキュリティ専用のアプライアンスも投入する。

 

F5ネットワークスジャパンは2017年3月1日、新セキュリティブランド「Herculon」を発表した。特定のセキュリティ機能に特化した製品のための新ブランドで、4月1日から2つの製品の提供を開始する。

 

ジョン・クーン氏 谷村透氏
米F5ネットワークス プロダクトマネジメント シニアディレクターのジョン・クーン氏(左)とF5ネットワークスジャパン セキュリティソリューションアーキテクトの谷村透氏


まず1つめは、SSL可視化専用のアプライアンス「Herculon SSL Orchestrator」だ。

「あるサービスプロバイダーに聞いたところによると、彼らのネットワークを通るトラフィックの7~8割が暗号化されている」

米F5ネットワークス プロダクトマネジメント シニアディレクターのジョン・クーン氏がこう語った通り、ここ数年、SSL/TLS暗号化されたWebトラフィックは急激に増加している。

その結果、標的型攻撃対策に「死角」が生じているとF5ネットワークスジャパン セキュリティソリューションアーキテクトの谷村透氏は指摘した。例えば、「C&Cサーバーと通信するトラフィックがSSL暗号化されることによって、検知できないという問題が生じている」(谷村氏)。

もちろん、次世代ファイアウォールなどのセキュリティアプライアンスのほとんどは、SSL/TLS暗号化されたトラフィックもスキャンできる。ただ、SSL/TLSの可視化機能をオンにすると、セキュリティアプライアンスに多大な負荷がかかるため、オンにしていない企業が多いのが実情だ。

ユーザー企業のセキュリティ担当者は今、SSL/TLS可視化機能をオンにするためセキュリティアプライアンスの性能を増強するか、SSL/TLS暗号化されたトラフィックを「死角」として見過ごすかの選択を迫られているわけだ。

 

SSL暗号化の問題点
SSL暗号化の問題点


そこで出番となるのが、SSL可視化のための専用アプライアンスである。Herculon SSL Orchestratorを導入すれば、既存のセキュリティアプライアンスへの投資を保護しながら、SSL/TLSで暗号化されたトラフィックの可視化が行えるようになる。

 

Herculon SSL Orchestratorの主な特徴
Herculon SSL Orchestratorの主な特徴


 

SSL可視化アプライアンスは、例えばF5と同じADCベンダーであるA10ネットワークスなど、他社からも発売されている。

他社製品と比較した強みとして、谷村氏が挙げた点の1つが、高速な複合・再暗号化処理。「楕円暗号化方式が多く採用されつつあるが、これについても他社と比べて、ハードウェアで非常に高速処理できる」とした。

また、サービスチェーンの機能も差別化ポイントだという。

Herculon SSL Orchestratorは、SSL/TLS暗号化されたトラフィックを復号化して各セキュリティアプライアンスに渡すわけだが、トラフィックのコンテキスト(属性)に応じて、どのセキュリティアプライアンスのチェックを通すかのポリシーを細かく制御できる。

例えば、金融/ECサイトのURLへのアクセスであれば、従業員の個人情報を保護するためバイパスさせたり、レピュテーション(評判)の低いIPアドレスへのアクセスであれば、より多くのセキュリティアプライアンスを通したりといったことが行える。

Herculon SSL Orchestratorの主な特徴
トラフィックのコンテキストに応じたサービスチェーンが可能

 


さらに構成の柔軟さも他社より優れた点とのこと。他社の場合、SSL可視化アプライアンスの物理ポートの制約を受けるが、Herculon SSL Orchestratorにはそうした制約がないという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttcom1906sp
saxa1906
NTTコムウェア1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます