キーパーソンが語る

「通信事業者は3タイプに今後分かれていく」――米HPに聞く“破壊的技術”のインパクト

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.08.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ARPUの低下やOTTとの競争の激化などにより、通信事業者の収益拡大が難しくなっている。ヒューレット・パッカード(HP)が今、力を入れているのが、収益拡大につながる「破壊的技術」の取り込みと活用だ。同社エンタープライズサービス コミュニケーション&メディアソリューソンズ(CMS) CTOのジェフ・エドルンド氏に聞いた。


――通信事業者のビジネスの将来性をどう見ていますか。


エドルンド 我々は通信事業者のビジネスが、今、大きな変化に直面していると考えています。技術的、社会的、経済的、そして規制面において対応が難しい破壊的な力が押し寄せてきています。これにきちんと対処していかなければ通信事業者の既存のビジネスが消失してしまう危険すらあるのではないでしょうか。

例えば、IPネットワークの登場により通信事業者とOTTが同じ土俵で競争するケースが増え、収益の確保が難しくなってきています。ネットワークコストが増大する一方で、ユーザー料金は低下傾向にある。どこで利益を稼ぎだしていくかが通信事業者にとって大きな課題になっているのです。こうした変化に対応できるよう通信事業者を支援していくことが、HPのミッションになっていると考えています。

――通信事業者は今後どのような形で収益を伸ばしていくことができるのでしょうか。

エドルンド HPでは通信事業者のビジネスは大きく3つの方向で伸びていくのではないかと考えています。

1つが、ネットワークアクセスとトランスポートの事業です。このビジネスは電力と同様に規制の強い分野で、利益率は高くはありませんが、確実に収益を得ることができます。

2番目が、我々がインフォメーション及び金融サービスと呼んでいる事業で、ネットワークから得られる情報をビッグデータとして解析して他の企業に販売したり、それを活用してコンサルティング事業を行ったりするモデルです。このビジネスは、収益率はやや高くなりますが、事業の成功可能性は低くなります。

最後が、我々がサービスファクトリー及びサービスショッピングモールと呼んでいるもので、大きな成長が見込める分野だと見ています。例えばサービスプラットフォームを活用して迅速にサービスを開発し、うまくいきそうなものがあれば、サービスポートフォリオに組み込んでいく。このモデルではOTTとして他の事業者のユーザーにもサービスを提供していくことも考えられます。

通信事業者はこの3つのビジネスを全て手掛けることもできますが、いずれかの分野に集中することで、より多くの価値を引き出すことが可能になるはずです。

我々は今後、通信事業者はこれらのいずれかに軸足を置く3タイプの会社に分かれていくのではないかと見ています。

――そうしたタイプの事業を展開している通信事業者はあるのですか。

エドルンド 最初のネットワークアクセスに特化した事業者の例に米国のXOコミュニケーションズがあります。魅力ある料金プランを提供することで、利益率も維持しています。

サービス分野に特化したものでは、通信事業者ではありませんがグーグルのビジネスが参考になると思います。OTTとして数十のサービスを柔軟に提供していますし、ネットワークを介して収集したデータを分析し、サービスや広告事業に活用しています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ted1804
palo1804
casb1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
56
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます