導入・選定ガイド

モバイル管理に不可欠なMDMの進化系「EMM」を徹底解説

文◎百瀬崇(ライター) 2015.06.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

スマートデバイスの業務利用に欠かせないMDM。これにMAMとMCMの機能を加えた「EMM」が一般化している。ベンダー各社はMAMとMCMに対応するとともに、独自機能を用意して差別化を図る。


スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスを業務利用する際、MDM(モバイルデバイス管理)を導入することは今や必須になっている。そして2~3年前からはMAM(モバイルアプリケーション管理)やMCM(モバイルコンテンツ管理)のニーズも高まってきた。

こうした状況を受け、MDMベンダーの中にはMDMとMAM、MCMの機能をすべて備えた「EMM」(エンタープライズモビリティ管理)を提供する企業も現れるようになった。

当初、一部のベンダーだけで使われていたEMMという言葉だが、国内外の複数の調査会社がEMMを1つの分野として市場調査を行うなどした結果、広く一般に知られつつある。

また、MDM/MAM/MCMに関するもう1つのトピックスとして、ベンダー各社がユーザー企業の要望に応えるため、独自の機能を提供するようになったことが挙げられる。これにはMDMベンダーが多数現れて競争が激化し、各社が生き残りをかけて他社との差別化を図ることに躍起になっているという背景もある。

ここからは、EMMとベンダー各社の独自機能を中心に、MDM/MAM/MCMに関する最新動向を紹介していく。

 

モバイルアイアン――EMMでトータルセキュリティ

EMMという言葉を早い時期から提唱していた企業の1つが、モバイルアイアンである。同社はMDMとMAM、MCMをトータルで用意すること、すなわちEMMを提供できることと、マルチプラットフォーム対応することを強みとする(図表1)。


図表1 モバイルアイアンが提唱するEMMの概念
モバイルアイアンが提唱するEMMの概念


MAMは業務アプリとそのデータを適切に管理するのが役割だが、モバイルアイアンではその手法として「ラッピング」技術を用いている。

ラッピングとは、アプリ自体にアクセス権限やデータ保護設定などを施す技術のことで、企業のセキュリティポリシーで包む(ラッピングする)ことからそう呼ばれているのだ。

モバイルアプリコンテナの「コンテナ」も同様の意味であり、業務アプリとそのデータを、セキュリティポリシーを適用した上でプライベートなデータとは隔離して格納することから、コンテナという表現が用いられている。モバイルアイアンはアプリで扱う企業データを保護し、情報漏えいを防止するコンテナ化技術を「AppConnect」と呼んでいる。

「アプリベンダーとのパートナーシップにより、Eメールやオフィスドキュメントの閲覧・編集、クラウドストレージなど、AppConnectを実装したさまざまなビジネスアプリが提供されているほか、自主開発アプリにも容易に組み込むことができる」とモバイルアイアン・ジャパン チャネルマネージャーの中村真氏は話す。

2015年2月には、パブリッククラウドのストレージサービス上の企業文書を保護する新製品「MobileIron Content Security Service」(CSS)を発表した。CSSはDropboxなどに対して、保存した企業文書の暗号化や、企業のセキュリティポリシーを適用するといった機能を持つ。CSSにより個人が使い慣れたパブリッククラウドのストレージサービスを業務でも安全に利用できるという。

CSSを使うことで、企業の情報システム担当者は特定のユーザーや部署に対して文書のアップロード、ダウンロード、編集、共有の可否といったセキュリティポリシーを設定できる。一定期間が経過すると文書を閲覧するためのキャッシュを自動削除する設定も可能だ。各文書に対してどのユーザーが閲覧、保存、編集などの操作をしたかのログも取れる。

なお、CSSを利用するにはモバイルアイアンのEMMの導入が必要となる。

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます